来月、東京競馬場から「UMACAシート」導入 [News]
2018/08/20(月) 17:09
JRAでは9月22日(土)の東京競馬場から、キャッシュレス投票用ICカード「JRA-UMACA(ウマカ)」を利用して専用の指定席に座ったままゆったりとキャッシュレス投票サービス「UMACA投票」を楽しめる「UMACAシート」を導入する。UMACAシートの主なサービス内容、利用開始日などは以下の通り。

【UMACAシートのサービス内容】
●UMACA投票により、当日のJRAの全レースに加え、重賞競走等の前日発売の利用が可能になる。さらに、WIN5や海外馬券も購入出来る。

●座席の投票用端末(パソコンまたはタブレット)では、勝馬投票券の購入のほか、「当日の購入履歴確認」や「JRA-VAN」、「レーシングビュアー」を用いて、オッズや馬体重などの情報取得、パドックやレース動画の鑑賞も利用出来る。

●座席の投票用端末にも"手のひら静脈認証機能"を用いており、安全・安心に利用出来る。

●UMACAシートにおいてUMACA投票を利用の際は、お客さんご自身のJRA-UMACAが必要となる。(これにより利用当日に全額精算する必要がなくなる)

※JRA-UMACAをお持ちでない方は、UMACAシートによるUMACA投票機能が利用出来ないのでご注意下さい。

【UMACAシートの利用開始日等】
現在i-Seatがある競馬場・ウインズは、UMACA投票の導入に合わせて順次i-SeatからUMACAシートへの切替えを行っている(福島競馬場ではUMACA投票の導入を機に新たに導入する)。なお、2018年度のUMACAシートの導入予定は以下の通り。
(左から競馬場、利用開始日、設置場所)

・東京競馬場     9月22日(土)  メモリアルスタンド5階・6階の一部
・福島競馬場(新設)10月20日(土)  スタンド3階
・中京競馬場    11月17日(土)  ツインハット6階
・阪神競馬場    11月17日(土)  スタンド4階

※指定席券の発売方法、指定席ネット予約の取り扱い等については、JRAのホームページでご確認下さい。

【注意事項】
・現在i-Seatがある競馬場・ウインズのうち、UMACA投票が導入されていない競馬場・ウインズ等では、引続き現行のi-Seatサービスを利用出来る。

※i-SeatはJRA-UMACAでは利用出来ない。指定席券と一緒に渡す在席投票カードをご利用下さい。

・UMACAシートへの切替え工事に伴い、今後、i-Seatサービスを休止する場合がある。詳細については決まり次第、JRAホームページや各競馬場・ウインズ等の掲示等でお知らせします。

・UMACAシートの運用方法等の詳細は、各競馬場・ウインズ等のホームページでご確認いただくか、係員までお尋ね下さい。

(JRA発表)