競馬実況web
競馬実況web
2016.02/07
【きさらぎ賞】(京都)~サトノダイヤモンドが3馬身半差でV

京都11Rのきさらぎ賞(3歳GIII・芝1800m)は1番人気サトノダイヤモンド(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒9(良)。3馬身半差の2着に4番人気レプランシュ、さらにアタマ差の3着に2番人気ロイカバードが入った。

サトノダイヤモンドは栗東・池江泰寿厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母マルペンサ(母の父Orpen)。通算成績は3戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 サトノダイヤモンド(C.ルメール騎手)
「ポテンシャルの高い馬でレースごとによくなっています。1回だけムチを使いましたが、必要なかったですね。今日はいいペースで流れてくれて、リラックスして走れました。4コーナーからの反応がよく、最後のスピードはすごいものがありました。力はすでにGIレベルです。距離が延びてもまったく問題ありません」

(池江泰寿調教師)
「強かったですね。懸念事項を全部クリアしてくれましたし、使ってよかったです。この時期であれだけまっすぐ走れる馬はめずらしいですね。本当に優等生で、メジロマックイーンのようなタイプでしょう。今日も余裕がありましたし、体幹もしっかりしています。このあとは来週にノーザンファームしがらきへ放牧に出して、皐月賞へ直行するか1走挟むかは様子をみて決めようと思います」

2着 レプランシュ(内田博幸騎手)
「まだまだこれからの馬ですが、今日はよくがんばってくれました。勝った馬は別格ですね」

3着 ロイカバード(武豊騎手)
「引っかかりました。最初の1000mの間、ずっと行きたがっていました。それがゴール前に響きました。徐々にそういう面が出てきたようです」

4着 ノガロ(松若風馬騎手)
「ゲートをうまく出て、楽なポジションでレースができました。瞬発力勝負だと分が悪いので、早め早めに動いていきました。これからまだまだよくなっていく馬です」

7着 ロワアブソリュー(M.デムーロ騎手)
「元気すぎるくらいで、かかっていました。他の馬にぶつけられるところもありましたし、スムーズな競馬ではありませんでした」