競馬実況web
競馬実況web
2021.11/10
【エリザベス女王杯】栗東レポート レイパパレ(ルメール騎手)

11月14日(日)に阪神競馬場で行われるエリザベス女王杯(GI)に出走予定のレイパパレ(牝4、栗東・高野友和厩舎)について、共同会見のC.ルメール騎手のコメントは以下の通り。

「(騎乗依頼を受けて)すごくうれしかったです。レイパパレは1勝クラスから能力を見せてくれました。連勝でGIを勝ちました。やっぱりハイポテンシャルの馬ですから、GIでその馬に乗れることはうれしいです。
(今日は)ほとんど普通の追い切りでしたね。リードホースの後ろから併せに行きました。最後の1ハロンはしっかりやりました。それが先生の指示でした。今日は乗りやすかったし、良く伸びてくれましたし、重い馬場で反応がちょっと遅かったけど、最後まで一生懸命走ってくれました。もっと速い反応ができるかと思いましたが、(馬が)大人になって自分でフルパワーを使いませんでした。馬場も深い状態ですから、時計はまあまあですけど、馬の状態はすごく良かったです。
レイパパレはずっと速いペースを維持することができます。途中でも一生懸命走っています。途中でリラックス出来たら、最後もゴールまで頑張ってくれます。ストロングポイントは彼女のリズムですね。
(去年調教で乗った時と比べ)変化はありましたね。身体が大きくなったし、メンタルも大人になりましたし、去年追い切りで乗った時は能力を感じることが出来ました。重賞レベルの馬だと思いました。秋華賞は使いませんでしたが、別のレースを勝って、重賞を勝ち、今年はGIを優勝しました。
(このコースは)ちょっとトリッキーですね。いつも内回りはトリッキーですね。レイパパレはそのコースが合うと思います。スタートからスピードを出してくれます。良いペースを維持することが出来ます。距離はちょっと心配しています。2200メートルはちょっと長いと思います。2000メートルまでは良さそうですが、2000メートルを超えるときつくなりますね。一番大事なのはスタートからリラックス出来れば、もしかしたら別の馬の後ろが取れればリラックス出来て、最後は良い脚を使えると思います。

(アメリカ遠征で勝利を挙げたラヴズオンリーユーについて)いつも日本馬が海外に行ったら応援しています。ラヴズオンリーユーは1度乗って1戦1勝、(勝率)100%で、その後は別の馬に乗りました。ラヴズオンリーユーは海外でいつも良い結果を出しています。香港では優勝して、ドバイでは3着でしたがすごく良い競馬をしました。アメリカではレースの前から大きなチャンスがあると思っていました。川田さんはすごく良い騎乗をしました。良いタイミングで抜けることができました。日本の競馬にとって、すごく良い勝利ですね。矢作チームはおめでとうございます、ですね。

ファンの皆さん、おはようございます。今週はエリザベス女王杯です。僕はレイパパレで頑張りたいです。レイパパレはGIを勝ちましたが、ルメールジョッキーでまた勝つことができると思います。皆さん、応援してください。ありがとうございます」

(取材:山本直)