競馬実況web
競馬実況web
2021.04/28
【天皇賞・春】栗東レポート アリストテレス(音無師)

◎5月2日(日)阪神競馬場で行われる第163回天皇賞・春(GI)に出走を予定しているアリストテレス(牡4、音無)について追い切り後の音無秀孝調教師のコメントは以下の通り。

・(前走の阪神大賞典は)AJC杯は雨でも走ったということもありましたから人気を集めました。私自身はそれほど得意ではないという印象がありました。そこでルメール騎手は前で競馬をしたいと出していったところ力んでしまいました。まさに馬場と折り合いを欠いたことの二重苦という感じでした。

・それを受けて力まないようにルメール騎手に先週先々週と二週続けて乗ってもらいました。馬場に関してはどうしようも無いので雨が降らなければいいなと思います。

・(中間は)短期放牧に出しました。リフレッシュしてふっくらして帰ってきました。今回も乗り込みは負荷をかけてやっています。前走よりは良くなるだろうというところでやってきました。状態としては前走以上です。

・(追い切りに関しては)一週前に負荷をかけて当該週はあまりやらないつもりでしたが、ルメール騎手が折り合い重視でやったところ一週前追い切りでの入りがゆっくりで、今日しっかりやる形になりました。3200mを走る場合の息も作らなくてはなりませんからね。最後もしっかり上がっていい調整が出来たと思います。

・(菊花賞の時と比較して)レース内容的にも馬体的にも成長はしています。それを証明するためにも馬場の良いところで走らせてあげたいですね。

・(阪神芝3200mについては)京都は一周目の坂の下りの折り合いがポイントですが、阪神の場合は、ほぼほぼ平坦です。ゴール前に坂がありますが、やはり一周目でしっかり折り合うことがポイントになると思います。難しい点は二周目が内回りで忙しくなるので、あまりそこで後ろから行っていると厳しくなりますからね。

・切れるより長く脚を使うタイプです、持久力のある馬なので良馬場でやらせてあげたいですね。

取材:檜川彰人