競馬実況web
競馬実況web
2020.06/21
【米子S】(阪神)3歳馬のスマイルカナが悠々逃げ切り4勝目

阪神11Rの米子ステークス(3歳以上オープン・リステッド・芝1600m)は2番人気スマイルカナ(柴田大知騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分32秒7(良)。1馬身半差の2着に9番人気ラセット、さらに1馬身差の3着に8番人気ミッキーブリランテが入った。

スマイルカナは美浦・高橋祥泰厩舎の3歳牝馬で、父ディープインパクト、母エーシンクールディ(母の父Distorted Humor)。通算成績は8戦4勝。

レース後のコメント
1着 スマイルカナ(柴田大知騎手)
「この斤量はやはり魅力でした。ギリギリ態勢が整ったので出走することになりましたが、この状態で勝てて良かったです。地力があると改めて思いました」

2着 ラセット(秋山真一郎騎手)
「展開は上手く行きました。前がピタッと止まりましたが、もう一頭いました。この馬はいかに4コーナーまでにガソリンを使わないかどうかですね。気の良い馬で、どんどん行ってしまうところがあります」

3着 ミッキーブリランテ(松若風馬騎手)
「ゲートを出負けしてしまいました。もう少し前に行きたかったです。内から伸びていますし、気持ちの面で集中し切れないところがあるのが良くなってくれるといいですね」

4着 プロディガルサン(荻野極騎手)
「コーナーの入口で番手を取る形でした。早めに動かして、ラストはしんどいのかなと思いましたが、良いところまで追い詰めています。もう少し外枠なら良かったのですが、よく頑張っています」

5着 ミラアイトーン(幸英明騎手)
「直線に向いて良い手応えでしたし、伸び切れるのかなと思ったのですが、坂で脚色が同じになりました。能力はありますし、もう少し真面目に走れると良いですね」

6着 ダノンチェイサー(川田将雅騎手)
「これだけ長い間(1年2ヶ月)休んでいましたから、競馬に戻ってこれたことが良かったです。今日は無事にレースを終えることができました。改めて、これからですね」