競馬実況web
競馬実況web
2020.05/17
【ヴィクトリアマイル】(東京)アーモンドアイが4馬身差の圧勝でGI7勝目

東京11Rの第15回ヴィクトリアマイル(4歳以上GI・牝馬・芝1600m)は1番人気アーモンドアイ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分30秒6(良)。4馬身差の2着に4番人気サウンドキアラ、さらにクビ差の3着に5番人気ノームコアが入った。

アーモンドアイは美浦・国枝栄厩舎の5歳牝馬で、父ロードカナロア、母フサイチパンドラ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は12戦9勝。

レース後のコメント
1着 アーモンドアイ(C.ルメール騎手)
「今日はパドックからスタートまで、良い感じでした。道中でもリラックスしていて乗りやすく、最後もパワフルなストライドで走っていました。この馬のレースはスタートによって決まります。今日は好スタートで、サウンドキアラの後ろの良いポジションにつけられました。やはりこの馬は特別な馬です。すでに、レジェンドホースですが、彼女の現役生活はまだ続くので、これからもGIを勝つことができると思います。最後に三浦騎手に感謝申し上げたいと思います。私は新型コロナウイルスの感染防止のため、美浦に行けず、三浦騎手が代わって調教に乗って仕上げてくれました。彼に感謝します」

(国枝栄調教師)
「色々と運がないことばかりだったので、ホッとしています。装鞍所で時々暴れることがあるのですが、今日は全くそんな素振りもなく、すごくリラックスしていたので、随分大人になったと思いました。レースは騎手に任せていました。ゲートでの立ち遅れだけが心配でしたが、ポンと出てくれてホッとしました。道中は鞍上と上手く折り合って、滑らかな走りをしていたので安心して見ていました。(GI7勝目について)数々の名馬が築いてきたところに並ぶことができて嬉しいです。今日は暑いので心配していましたが、レース後は今までより全然楽で、上がってきて尻っぱねをするぐらい元気だったので、そういう点でも馬がしっかりしたのだと思います。今後は具体的にこれ、というものはなく、オーナーサイドと、馬の具合を見ながら決めることになると思います」

2着 サウンドキアラ(松山弘平騎手)
「スタートが良かったです。立ち回りの上手い馬で、大外枠も関係なくこなしてくれました。自分の思った通りのポジションを取って、思った通りの競馬ができました。前残りの競馬が今日は続いていましたが、前目のポジションで、最後まで集中力を切らさずに走ってくれました。相手も強かったですが、この馬も力をつけています」

3着 ノームコア(横山典弘騎手)
「馬の状態は前回と変わらなかったです。もう少しゲートを出てくれれば...。思った通りの競馬ができれば、2着はあったと思います」

4着 トロワゼトワル(三浦皇成騎手)
「前で運ぶつもりでしたが、思っていた以上にスピードがあって、楽にスムーズな競馬をすることができました。良い形で運べて、よく頑張ってくれました。」

6着 シゲルピンクダイヤ(和田竜二騎手)
「機嫌が良かったのか、ゲートにスッと入ってくれて、スタートも決まり、見せ場を作れました。勝負どころでは、相変わらずズブいですが、良い競馬でした。勝ち馬は別次元として、最後も差を詰めていますから、噛み合えば上位に来られると思います」

7着 ラヴズオンリーユー(M.デムーロ騎手)
「スタートは出ましたが、すぐに内に馬が殺到してきて、ゴチャゴチャになってしまいました。距離はそれほど問題なかったです」

9着 ビーチサンバ(福永祐一騎手)
「今日はスタートが全てですね。ゲートが開くちょっと前にうるさくなって、暴れてしまいました。そこに尽きます」