競馬実況web
競馬実況web
2020.04/05
【大阪杯】(阪神)鋭く伸びたラッキーライラックがGI3勝目を挙げる

阪神11Rの大阪杯(4歳以上GI・芝2000m)は2番人気ラッキーライラック(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒4(良)。クビ差の2着に4番人気クロノジェネシス、さらにクビ差の3着に1番人気ダノンキングリーが入った。

ラッキーライラックは栗東・松永幹夫厩舎の5歳牝馬で、父オルフェーヴル、母ライラックスアンドレース(母の父Flower Alley)。通算成績は15戦6勝。

レース後のコメント
1着 ラッキーライラック(M.デムーロ騎手)
「前走は香港のレース以来で、反応があまり良くありませんでした。今日は仕上がっていましたし、3コーナーから4コーナーでハミを取って、抜群の手応えでした。最後は余裕があって、ゴール手前でガッツポーズをしてしまいましたが、強い勝ち方でした。牝馬でも男っぽく性格の強い馬です。能力がありますね」

(松永幹夫調教師)
「このメンバーで勝てたことが嬉しいですね。スタートが決まって、自然に良い位置がとれたことが大きかったです。ダノンキングリーが逃げたことで、目標にすることができました。道中は手応え良く走って、直線は前が開いたら伸びるだろうと思っていました。昨年の秋から強くなって、ここまで来たかという感じです。以前なら馬込みをこじ開けることはできませんでしたからね。まだレースが終わったばかりですから、次はわかりません。オーナーサイドと相談してこれぐらいの距離を走らせたいですね。今回は思った通りの調教ができて、中間も順調にいきました。これからもっと強い馬と競馬をすると思うので、頑張ってもらいたいですね」

2着 クロノジェネシス(北村友一騎手)
「外枠でも理想の位置で競馬ができました。テンションが高いと聞いていましたが、落ち着いてレースができました。折り合いを欠くことはなくて、リズム良く運べて、抜け出しても脚を使ってくれました」

3着 ダノンキングリー(横山典弘騎手)
「スタートが思った以上に良く、行く形になりました。道中はぴったり(後続馬に)来られました。そんな中でもよく頑張ってくれました」

4着 カデナ(鮫島克駿騎手)
「今週からBコースに替わって、昨日今日と競馬を見てインが伸びていましたし、この枠でも外を回らないように気を付けていました。手応え通り伸びてくれていましたが、すごく惜しいです」

5着 ワグネリアン(福永祐一騎手)
「非常に良い状態で、いつも以上に落ち着いていました。スタートも出ていますが、ラッキーライラックが速くて、取りたい位置が取れず、もう一列前が欲しかったです。持ち味を発揮できず残念です。申し訳ないです」

7着 ブラストワンピース(川田将雅騎手)
「こういう流れになることが考えられたので、ポジションを取りに行きたかったのですが、周りの方が速くて......。馬は精一杯頑張ってくれました」

(大竹正博調教師)
「出して行ったのですが、他も出て行ったので、相対的に後手後手になりました。一番嫌なパターンになりました。去年と同じ形でした。内にスペースがなくて、どうしようもなかったです。返し馬の雰囲気が良かったですし、状態の問題ではないと思います」

12着 ロードマイウェイ(武豊騎手)
「スタートは出たと思ったのですが、トモをひねって少し躓くような形になりました。(この馬本来の)良さを感じないレースになりました」