kjnet
競馬実況web
2013.11/17
【霜月S】(東京)~エーシントップ 初ダートも完勝

東京11Rの霜月ステークス(3歳上オープン、ハンデ、ダート1400m)は2番人気エーシントップ(酒井学騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒7(良)。3/4馬身差2着に5番人気ウォータールルド、さらにクビ差で3着に13番人気サクラシャイニーが入った。

エーシントップは栗東・西園正都厩舎の3歳牡馬で、父Tale of the Cat、母Ecology(母の父Unbridled's Song)。通算成績は10戦6勝となった。

~レース後のコメント~
1着 エーシントップ(酒井騎手)
「調教師からは、"馬とケンカしない位置で"と指示がありました。外枠の馬に前に入られて頭を上げる場面もありましたが、気持ちを切らさず、馬の後ろで我慢してうまく走ってくれました。直線はスペースが空くのを待って、追い出すと反応してくれました。ダートでやれることも分かりましたし、今後の幅が広がりました」

2着 ウォータールルド(松山騎手)
「スタートが良かったので逃げました。最後までしっかり粘ってくれました」

3着 サクラシャイニー(北村宏騎手)
「結果論ですが、もう1頭、前の位置で競馬が出来れば良かったです。最後は来ていただけに残念です。1400mは合っていると思います」

4着 マスクトヒーロー(田中勝騎手)
「やはり走りますね。気のいい馬ですから、距離にも対応してくれました。状態も良かったです」

5着 シセイオウジ(丸田騎手)
「もったいない競馬になってしまいました。本当はもっと我慢したかったのですが...」

6着 メイショウツチヤマ(柴田善騎手)
「馬に気も入り、いい感じでした。脚を使ってくれています」

10着 コパノリッキー(内田博騎手)
「スタートがあまり上手ではありませんし、今日は流れにも乗れませんでした。難しいですね」

12着 チャーリーブレイヴ(田辺騎手)
「砂を被ると良くないと聞いていましたが、行き脚がつかず、砂を被ってしまいました。1400mは初めてでしたし、使いつつ良くなりそうですから、何度か使っていけばと思います。乗り味はいい馬です」