競馬実況web
競馬実況web
2018.10/13
【メイクデビュー】(京都4R、5R)~ザイツィンガー、ウルクラフトが勝利

京都4Rのメイクデビュー京都(ダート1200m)は3番人気ザイツィンガー(藤岡康太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分14秒0(良)。2馬身半差の2着に5番人気パワープラント、さらに1馬身1/4差の3着に1番人気レサイヤが入った。

ザイツィンガーは栗東・牧田和弥厩舎の2歳牡馬で、父ドリームジャーニー、母ザッハトルテ(母の父クロフネ)。

~レース後のコメント~
1着 ザイツィンガー(藤岡康太騎手)
「調教の時から動きが良かったです。ゲートは出てくれませんでしたが、慌てずじっくりと行きました。二の脚もスピードもあります。若いところを見せていましたが、能力で勝ってくれました」

4着 チタノブーケ(松若風馬騎手)
「二の脚はついていましたが、全体的に緩いところが残っていました。さらに芯が入ってくれば終いも伸びてくると思います。使いつつ良くなってくるでしょう」


京都5Rのメイクデビュー京都(芝1600m)は2番人気ウルクラフト(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒3(良)。1馬身3/4差の2着に1番人気キュールエサクラ、さらにハナ差の3着に7番人気シゲルピンクダイヤが入った。

ウルクラフトは栗東・吉村圭司厩舎の2歳牝馬で、父ディープインパクト、母ウミラージ(母の父Monsun)。

~レース後のコメント~
1着 ウルクラフト(松山弘平騎手)
「調教でいい動きをしていて、芝でもいい走りでした。いいバネを持っています。スタートを出て、道中も上手に立ち回ってくれました。今日は今日でいいレースを出来ましたが、まだまだ良くなる馬です」

2着 キュールエサクラ(藤岡佑介騎手)
「新馬としては速い流れの中で、末脚のある馬に負けましたけど、2番手から抜け出す強い競馬でした。仕上がりも良かったですし、前向きな気性で、すぐにチャンスが来ると思います」

3着 シゲルピンクダイヤ(和田竜二騎手)
「前の馬が下がってきた時に行き場を無くす場面もありましたが、ラストはいい脚を使って反応してくれました。なかなかやれそうな感じのする馬です」

4着 モンドヌーヴォー(松若風馬騎手)
「折り合いは大丈夫でした。直線に向いてしっかり反応しましたし、初戦にしてはいい内容だったと思います。距離はもっとあっていいでしょう」