競馬実況web
競馬実況web
2018.03/25
【3歳500万下】(中山5R、6R)~ロードライト、キングキングキングが勝利

中山5Rの3歳500万下(芝1800m)は6番人気ロードライト(嶋田純次騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒6(良)。クビ差の2着に2番人気コスモレリア、さらにクビ差の3着に1番人気グロンディオーズが入った。

ロードライトは美浦・手塚貴久厩舎の3歳牝馬で、父ヴィクトワールピサ、母パパラチア(母の父グラスワンダー)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ロードライト(嶋田純次騎手)
「スタートが決まって良い位置でレースが出来ました。良い状態で楽に追走できて、終いも反応してくれました。距離もギリギリでしたが、こなしてくれました」

3着 グロンディオーズ(C・ルメール騎手)
「ずっと忙しかったです。距離が短いです。広い競馬場の方が良いです。最後は伸びましたが、遅すぎました」

5着 トーセンスーリヤ(田中勝春騎手)
「ジリジリと来てはいますが、主導権を握れるような形のほうが良いです」


中山6Rの3歳500万下(芝1200m)は5番人気キングキングキング(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒7(良)。1馬身1/4差の2着に4番人気セイウンミツコ、さらにハナ差の3着に1番人気メイラヴェルが入った。

キングキングキングは美浦・国枝栄厩舎の3歳牡馬で、父キングズベスト、母アドマイヤアロング(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は8戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 キングキングキング(蛯名正義騎手)
「1200mなどの短いところがあっていて、追ってからもしっかり脚をつかえました。ただ、返し馬からテンションが上がっていたので、落ち着いてくるともっと良くなります」

2着 セイウンミツコ(勝浦正樹騎手)
「4コーナーでスムーズに行かないところがあったことがもったいなかったです。ただ、良い競馬は出来ましたし、どんな競馬でも出来るところが良いですね」

4着 ウインヒストリオン(松岡正海騎手)
「今日は控えてためる競馬をしようと考えていましたが、2ハロン目でかかってしまいチグハグになりました。もう少し2ハロン目をフワッと走ってくれればもっと良くなります」

5着 セイウンリリシイ(内田博幸騎手)
「道中息を入れられず、流れも速かったです。行きたがる馬ですが、2番手でも競馬が出来たことは良かったです」