競馬実況web
競馬実況web
2017.06/25
【宝塚記念】(阪神)~サトノクラウンが国内GI初制覇

阪神11Rの第58回宝塚記念(GI、3歳以上、芝2200m)は3番人気サトノクラウン(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分11秒4(稍重)。3/4馬身差2着に5番人気ゴールドアクター、さらに1馬身1/2差で3着に4番人気ミッキークイーンが入った。

サトノクラウンは美浦・堀宣行厩舎の5歳牡馬で、父Marju、母ジョコンダ2(母の父Rossini)。通算成績は14戦7勝。

~レース後のコメント~
1着 サトノクラウン(M.デムーロ騎手)
「すごく嬉しいです。本当に良かったです。キタサンブラックはすごく強い馬ですから、キタサンブラックを見ながらレースをしました。自分の馬も気持ちが入っていましたし、馬場もすごく合っていますし、すごくいい脚で気持ち良かったです。さすがGIホースです。自信を持って乗りました。大阪杯は残念でしたが、今日は本当に良かったです」

(堀宣行調教師)
「馬がよく頑張って、ジョッキーもうまく乗ってくれました。前走の大阪杯ではいい状態で出走出来なかったので、そのリベンジという思いがありました。結果が出て良かったです。
今回は輸送対策をしました。馬運車内での緊張感がすごい馬なので、車内の枠を広げて、前々日輸送をしました。競馬場には、出張馬房ではなく、普通の関西馬が使う馬房に入れさせてもらいました。それから選挙のアナウンスも気にする馬なので、その対応にも協力してもらいました。いろいろと競馬場に要望を出して、無理を聞いてもらって、フレッシュな状態で競馬に向かえたのは良かったです。繊細なので、環境が変わるとまだ完全ではありませんでしたが、対応して、成長してきていると思いました。
普段はゲートに課題がある馬ですが、一番外の枠でジョッキーも私たちも気が楽でした。向正面でペースが落ち着いている感じだったので、動いた時に他の馬も動いて、それを仕向けたのかなと思うと、ミルコ騎手は上手だと思います。抜け出してからソラを使うところはありますが、対処もしっかりしてくれました。4コーナーを回った時には安心して見ていました。
事前には、サトノダイヤモンドが海外遠征するというので国内でという話をしていましたが、今後はその辺も含めて選択肢が出てくると思います。そのあたりはしっかりと見極めて相談したいです」

2着 ゴールドアクター(横山典騎手)
「別に馬場を気にしているところもありませんでしたし、思い通りに走ってくれました。よく頑張っています。何と言っても今日は馬のデキが良かったです。天皇賞の時は状態が本調子ではありませんでした。今日は全然違いましたから、自信を持って乗りました。負けて残念でしたが、よく頑張りました」

3着 ミッキークイーン(浜中騎手)
「前走は残念でしたが、今日は力を示してくれました。力はやはりあると思います」

4着 シャケトラ(ルメール騎手)
「今日は2番手でしたが、リラックス出来ていませんでした。直線、頑張っていましたが、最後は止まってしまいました。もっとリラックス出来ていれば、また違ったと思います」

5着 レインボーライン(岩田騎手)
「3コーナーから仕掛けて、馬場のいいところを押し上げて行きました。早めに動いた分、最後は脚が少し上がりましたが、最後まで頑張ってくれました」

6着 ミッキーロケット(和田騎手)
「勝負どころで内にササってしまいました」

7着 スピリッツミノル(幸騎手)
「内々で、早め早めに動こうと思っていました。4コーナーでは上位に来られる感じでしたが、馬場の悪いところを通ったところもあると思います。いい時に戻ってきた感じがあります」

8着 シュヴァルグラン(福永騎手)
「逃げるのもありかと思っていました。スタート良く、馬なりで行けました。ペースは楽でしたが、ペースアップした時に向正面で脚を取られてしまいました。残念でしたが、先行力がついたことにずんぶん進歩したと思います。競馬の幅が広がったと思います」

9着 キタサンブラック(武豊騎手)
「雨も思ったほど降りませんでしたし、そこまで影響するような馬場状態ではありませんでした。レースも不利があった訳ではありません。今日は走らなかったですね。正直、よく分かりません。全部勝つのは難しいです」

10着 クラリティシチー(松山騎手)
「スタートが良くて、馬なりで好位につけられました。枠が内めでしたし、ロスなく回ったと思いましたが...。初めて乗ったので分からないところもあります」

●宝塚記念のプレゼンターを務めた真琴つばささんのコメント
「本当に大興奮で、生の馬を見ることがこんなにワクワクするとは思いませんでした。ゲートが開いた瞬間に思わず声が出て、周りの方に話しかけてしまっていました。目に飛び込んでくる素敵な色彩と観客の方々の熱気に感動。またぜひ競馬場に足を運んでみたいと思います」