【ユニコーンS】美浦レポート~アナザーバージョン [News]
2014/06/18(水) 17:28
22日(日)東京競馬場で行われるユニコーンステークス(GIII)に登録しているアナザーバージョン(牡3 美浦・久保田貴士厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。
※本賞金900万円のため抽選対象

●アナザーバージョンについて久保田貴士調教師

「前走の青竜Sは上手に競馬していて、直線を向くところでは何とかなるかなと思ったのですが、勝った馬のしぶとさが一枚上でした。この馬自身もよく走っています。東京1600mの舞台はいまのところ一番合っているようで、前回今回と狙いを定めてきました。前走後は順調に疲れも取れ、満足いく状態で出走できます。

中間はカイ食いもよく、先週今週とある程度負荷を掛けて追い切りたいと思っていました。先週は併走馬に煽られていましたが、今週は先週より明らかに馬がやる気になっていて、終いまでしっかり追って反応してくれました。いい動きでした。

まだ少し荒削りなところがあり、のびのび走れる条件が東京の1600mなのではないかと思います。この馬に関してのカギは流れにスムーズに乗っていくことだけです。周りに強い馬はいますが、この馬の力を発揮してくれればチャンスはあると思っています」

(取材:小塚歩)