【フェブラリーS】美浦レポート~ノンコノユメ [News]
2016/02/18(木) 12:14
21日(日)に東京競馬場で行われる第33回フェブラリーステークス(GI)に登録をしているノンコノユメ(牡4、美浦・加藤征弘厩舎)について、加藤征弘調教師のコメントは以下の通り。

(最終追い切りを振り返って)
「いつもの感じは十分に出ていたと思います。先週の段階である程度しっかりと馬は仕上がっていたので、今日は馬の気持ちの面でそんなにプレッシャーをかけすぎずに、かつそこまで抜かないようにという感じで調整しています。万全かどうか分かりませんが、この馬に対してやることはしっかりやってあるという感じです」

(前走のチャンピオンズカップ2着を振り返って)
「前半、向正面ぐらいまではいつも通り自分のペースで運んで走っていました。しかし、レースの流れが思ったよりとても速くなったので、向正面から4コーナーの入口まで非常に追走に手間取りました。道中はかなり脚を使わされたと思います。そういう流れだったので、中京コースの特性もあって、そんなに外を回してあの位置から差し切るというのはかなり難しいコース形態なので、ある程度内を突くのは想定の範囲内でした」

(前走後の馬の状態について)
「一度ムラセファームから山元トレセンに移動して短期放牧に出しました。前回の武蔵野ステークスと同じように、5週間ぐらい前に厩舎に戻して、少しずつ負荷を強めていくという調整をしました」

(今回のレースに向けて)
「上手に走れるコースなので、自分の形を崩さずに走れるとは思います。
 (ルメール騎手は)この馬に関わらず全般的にうちの厩舎の馬には非常に手が合っていると思うので、その辺りも心強いです。
 (天候に関する影響は)良馬場でもやや重でも重でも不良でも、この馬自身の走りにはそんなに変わらないと思います。
 後ろから行く馬なので、この枠でというのはないですが、良績を残しているのはある程度真ん中の枠ですね。
 非常にファンの多い馬なので、できればしっかりと結果を出してほしいです。あとは競馬場に足を運んでいただいてファンの皆さまの後押しがあれば、一層の伸びにつながるのではないかと思っています」

(取材:米田元気)