【フェブラリーS】美浦レポート~モンドクラッセ [News]
2016/02/17(水) 16:21
21日(日)に東京競馬場で行われる第33回フェブラリーステークス(GI)に登録をしているモンドクラッセ(牡5、美浦・清水英克厩舎)について、清水英克調教師のコメントは以下の通り。

(前走の東海S2着を振り返って)
「向かい風が心配でした。しかし、それを割り引いても、マークされての2着だったので、内容的には納得しています」

(成績が良くなった理由は?)
「非常に大きい骨折をして、長期休養していました。その間に牧場関係者や厩舎スタッフがしっかりケアをしてくれて、肉体的にも精神的にも強くなったと思います」

(前走後の調整について)
「前走後、一週間は完璧にスイッチオフにして、リラックスさせるように調整しました。2週間ぐらい前から時計を出しました」

(調教の過程について)
「先週の時点では、前に目標を置いて、それを抜かす調教をさせました。少しモコモコしていたかなと思いました。しかし、日曜日の時点でかなり良い動きだったので、今週はサラッとやりました。(最終追い切りは)指示通り上手に出来たと思います」

(今回のレースに向けて)
「(以前同じコースを走った時は)骨折明けで明らかに体が出来ていない時に2着でした。その後も負けましたが、良い内容でした。1600mはベストだと思っているので、頑張れると思います。作戦は頭に描いていますが、内緒です。一生懸命走るのがこの馬の良い所です。厩舎ゆかりの血統で、辛い骨折を乗り越えて、ここまで来られました。思い残すことはない、十分なレースをしたいと思います」

(取材:米田元気)