【フェブラリーS】美浦レポート~ホワイトフーガ [News]
2016/02/17(水) 16:18
21日(日)に東京競馬場で行われる第33回フェブラリーステークス(GI)に登録をしているホワイトフーガ(牝4、美浦・高木登厩舎)について、高木登調教師と大野拓弥騎手のコメントは以下の通り。

・高木登調教師
(最終追い切りの内容と評価について)
「先週ビシッとやっているので、牝馬ですし今週はサラッと単走でした。大野騎手が乗って感触を確かめてもらいました。先週より馬がだいぶ素軽くなっていたので、良い状態で挑めるかなと思います。牡馬相手ですし、一線級ですが、距離が1600mで良い条件で使えるかなと思っています」

(JBCレディスクラシックを振り返って)
「それまで古馬の壁があるのかなと思っていましたが、作戦を変えて、脚を溜める競馬をして、うまくはまってくれました。
だいぶトモもしっかりしてきましたし、良くなってきたと思います。これからさらに良くなるでしょう」

(新馬戦を勝った時の思いは?)
「使う前から動きそうだとは思っていました。思った以上に強い競馬をしてくれたのでびっくりしました」

(芝とダートの適性の見極めはどう判断したか?)
「初戦の内容を見て、出来たら関東オークスに行きたいと思い描いていました。その通りになっていきました」

(馬の成長ぶりについて)
「1800m以上になると折り合いが難しくなるのですが、馬を前に置けば、だいぶ我慢が利くようになってきました」

(今回のレースに向けて)
「マイルは初めてですが、軽いダートの1600mはベストかなと思ってこのレースを選択しました。出たなりで、できたら前に馬を置けば我慢は利きますので、そうなれば、最後は良い脚を必ず使ってくれる馬です。どこまでやれるか楽しみにしています。(週末の雨については)軽い馬場はむしろ合っている感じはしています。好位を取るわけではないので、枠はどこでもいいかと思います。牝馬ですが、500キロを超える馬体で力強さもあります。何とか牡馬相手でも頑張ってほしいです。良い状態でGIを迎えられます。1600mも合っていると思います。何とか頑張りますので応援のほどよろしくお願いします」


・大野拓弥騎手
(最終追い切りに跨がっての感触は?)
「先週にしっかりと負荷をかけていまして、今週は先週よりも素軽く良い動きでした。本当に良い状態で来られています」

(この馬の良さは?)
「牝馬にしてはとてもパワーがあるところです。すごく大きい馬ですね」

(JBCレディスクラシックを振り返って)
「ペースは速かったのですが、中団で折り合いもつきました。抜け出す脚もすごく速くて、強かったです」

(今回のレースに向けて)
「リズム良く運ぶことですね。(芝スタートに関して)得意な馬、不得意な馬がいるので、そこはどう出るか分かりません。以前に芝を使った時は、状態が今一つなところもあったので、今やったら違う結果が出るかもしれません。
 どこからでも競馬ができると思っています。(京都で勝った時のレースについては)抜け出す脚が速かったですし、スパッと脚を使っている印象があったので、あのようなイメージで乗れたら良いですね。
 去年の秋ぐらいから本当に馬が良くなってきましたし、成長を感じます。これからもっと良くなってくるのではないでしょうか。
普段はおっとりとしていますし、特に注文するところはありません。あの馬に関しては、常に平常心を保ってくれています。そういう状態で競馬に向かえれば、良い勝負ができると思います。
 フェブラリーステークスはGIになってから、まだ牝馬が勝っていませんので、フーガで何とか勝ちたいと思っています。初めての中央GIで牡馬相手になりますが、強いところを見せられたらいいなと思っています。応援して下さい」

(取材:米田元気)