【スプリンターズS】外国馬情報~リッチタペストリー陣営「枠順には満足」 [News]
2015/10/02(金) 10:44
 10月4日(日)に中山競馬場で行われるスプリンターズステークス(GI)に出走予定のリッチタペストリー(香港、セン7)の2日の調教状況と関係者のコメントがJRAから発表された。中山競馬場の天候は小雨、馬場状態は不良だった。

 調教時間は7時19分から13分間、ジャスティン・クラーク調教助手が騎乗して、ダートコースでダグを1/4周、キャンターを1周、常足~ダグを3/4周消化した。

 ジャスティン・クラーク調教助手「昨日の追い切り後も順調です。今日は雨で馬場状態も悪いので、抑え目の運動を行いました。芝が雨で少しでも柔らかくなるのは歓迎です」

 チュンワイ・チャン調教師「今朝空港から直接競馬場に来て馬を見たところ、いつものようにリラックスしていました。電話でルメール騎手と話をしましたが、順調のようで満足しています。5月のシンガポールでのレースの後、馬主からもう一度芝で走らせてみたいという希望があり、参戦を決めました。スタートダッシュがきく馬なので、どの枠でも心配していませんでしたが、理論的には内枠が有利とされているので、枠順の1番には満足しています。あとは私よりも日本の競馬に精通しているルメール騎手に任せます」