【レパードS】美浦レポート~ゴールデンバローズ [News]
2015/08/05(水) 13:57
 9日(日)に新潟競馬場で行われる第7回レパードステークス(GIII)に登録をしているゴールデンバローズ(牡3、美浦・堀宣行厩舎)について、橋本篤典調教助手のコメントは以下の通り。

(前走ユニコーンS4着を振り返って)
「スタートはまずまず出ました。その後もしばらく出して行って、道中もなし崩し的に脚を使うような形になりました。終いも少しフワッとしてしまったというか、競馬全体としてはうまくはまらなかった感じはしています」

(前走後の調整について)
「普段と変わらずに調整はしています。ただ、前走ではそういった形で期待を裏切ってしまいました。その時の競馬ぶりということもありますが、本来の力を出せなかったのか、帰国してすぐだったのでまだ疲れが残っていたのではないか、ということを見極めるのが、中間の最大の目的でした。
 もともと元気の良い馬なのですが、そういった元気の良い仕草が戻ってきていますので、夏負けどうこうはなさそうです」

(最終追い切りについて)
「この暑い時期にしては、先週である程度しっかりとやれました。今週は息を整える程度ということで、併走馬に合わせて、だいたい70-40をメドにやっています」

(理想の馬体重は?)
「前走はプラスの体重でした。本来はもう少し体が戻ってほしかったので、体重自体は前走並み、それでも太め残りではなかったと思っています。ただ、今回はこれだけの暑さですし、昨日でも520キロぐらいなので、前走よりは6キロ~8キロは減るのではないでしょうか」

(今回のレースについて)
「もともとカーッとするところもありまして、1800mは少し長いのかなというのが最初の頃の印象でした。UAEダービーは馬もテンションが高くて、ガーッと行ってしまったところはありますが、前走を見ても、1800mぐらいは十分圏内なのではないかと思います。
 位置取りはそれほど気にしていません。馬がリズム良く走れれば一番良いのではないでしょうか。
 前走は期待を裏切る形になってしまったので、少なくとも前走よりは悪い方向には行っていないと思います。巻き返してくれると信じています」

(取材:米田元気)