【レパードS】美浦レポート~アルタイル [News]
2015/08/05(水) 13:52
 9日(日)に新潟競馬場で行われる第7回レパードステークス(GIII)に登録をしているアルタイル(牡3、美浦・手塚貴久厩舎)について、手塚貴久調教師のコメントは以下の通り。※抽選対象馬

(前走ユニコーンS3着を振り返って)
「体調がとても良く、十分やれるかなという手応えで、レースに臨みました。結果は3着で、勝ち馬とは少し離されてしまったのですが、ある程度の力は示してくれたかなとは思っています」

(前走後の調整について)
「春3戦は、ずっと強いところと走っていたので、ひと息入れる意味も含めて、近くのリバティホースナヴィゲイトという牧場へ放牧に出しました。一ヶ月前に美浦に戻ってきました。夏の休養にあたり、暑い時期に帰ってきたので、すごく体が増えたとか、そういう感じでは戻ってきませんでした。状態面に関しては、気持ちのリセットはできたのではないでしょうか」

(最終追い切りについて)
「1週前にデュアルメジャーときちんとした併せ馬を行い、時計も優秀でした。ですから、今週は予定通り単走で、松岡騎手には上がり重点でやってもらうように指示しました。時計も動きも及第点かなとは思っています」

(新潟ダート1800mについて)
「左回り専門というぐらい、ずっと左回りを意識して使っているので、回り自体は問題ないと思っています。1800mに関しても、去年は1400mや1600mが良いと思っていましたが、我々が思っている以上に明らかに力を付けているという感触がありますので、当然こなしてくれるだろうという期待は持っています。福島でのデビュー戦も、1800mを使ったぐらいです。体型的なものなどを考えると、1800mは十分こなせるのではないでしょうか」

(メンバーの顔ぶれについて)
「ここ数戦は、世代トップレベルのダート戦を使っていました。今回もそれに違わないくらいメンバーは強いですが、五分に戦っているという自負はあります。ですので、それほど力負けはしないのではないかと思っています」

(この馬の良さは?)
「特性というか、追い込みとか逃げとか、そういうのはありませんが、本当にセンスの良い馬です。平均的に全ての面で点数が高い馬です。そういったところで、レースの結果がコンスタントに出ているのではないでしょうか。どんな流れにも対応できるような精神的な部分もありますし、それに左右されない長所があります」

(理想のレース運びは?)
「過去の新潟の1800mのレースを見ても、そんなに後ろから行って、直線一気というレースにはならないものです。ある程度ペース云々は別として、それなりの位置で競馬をしなければいけないと考えています」

(意気込み)
「格上挑戦という形で、もちろん抽選という第一のハードルがあるわけです。それを突破して、出走に漕ぎ着ければ、十分にチャンスのある馬だと思っています。もし出走が叶えば頑張りたいと思いますので、応援して下さい」

(取材:米田元気)