【ユニコーンS】美浦レポート~トゥルッリ [News]
2015/06/17(水) 15:46
 21日(日)に東京競馬場で行われる第20回ユニコーンステークス(GIII)に登録をしているトゥルッリ(牡3、美浦・田村康仁厩舎)について、追い切り後の田村康仁調教師のコメントは以下の通り。※抽選対象馬

(前走の青竜ステークス5着を振り返って)
「芝で勝っている馬ですが、ダートは走れそうだということで、ダートでだんだんと結果が出てきました。前回は、まだ完調まではいっていないと思ったのですが、それでも最後は頑張ってくれて、5着まで来てくれました。まあまあ上出来の内容だったのではないでしょうか。
 基本的には丈夫な馬なので、使った後も厩舎でじっくりと調整しました。今も非常に元気が良いです」

(前走から中4週、その間の調整について)
「前走の疲れをきちんと癒してあげて、それからゆっくり立ち上げるという形の調整メニューでした。全く問題なくいきました」

(ウッドチップコースでの1週前追い切りについて)
「前走5着に来た時よりも、動きは良くなってきました。だいたいあの時点で、ほぼ仕上がったかなという感じになっています。良いと思います。
 以前はまだ幼い所があって、走っていて手前を替えたりする時に少しブレたりしていました。しかし、そういうブレもだんだんなくなってきて、きちんと真っ直ぐ走れるようになってまいりました。徐々に競馬を使いながら丈夫になって、強くなってきたと考えています」

(最終追い切りについて)
「先週、だいたい出来上がっていました。もう今週はサラッとやる程度でいいという指示でした。指示通り、前に馬を置いて追走して、単走みたいな形になりましたが、きちんと出来上がりましたので、問題ありません。前回より体調は良いと思いますし、息もきっちり出来ています」

(今回のレースに向けて)
「広い東京コースは合っていると思います。コーナーも2回しかないので、この馬には非常に向いているコース、距離だと思っていますので、頑張れるのではないでしょうか。
 状態としては、ダートで走れるようになってきています。良い状態で迎えられると思います。相手は強く、胸を借りるつもりですけれども、頑張って良い結果を出したいと思います。応援して下さい。よろしくお願いします」

(取材:米田元気)