【ユニコーンS】美浦レポート~タンジブル [News]
2015/06/17(水) 15:44
 21日(日)に東京競馬場で行われる第20回ユニコーンステークス(GIII)に登録をしているタンジブル(牡3、美浦・黒岩陽一厩舎)について、追い切り後の黒岩陽一調教師のコメントは以下の通り。※抽選対象馬

(前走の兵庫チャンピオンシップを振り返って)
「前走は、競馬場に前日入りして、一泊したこともあって、馬が落ち着きすぎていた感じがありました。ゲートの中でも落ち着いていて、スタートも反応できず出遅れました。道中も、兵庫の深い砂と小回りコースで、本来の走りができませんでした。大きな跳びをする馬なので、少しも前に進んでいくことができず、全く競馬にならなかったというのが前走でした」

(前走後の調整について)
「ひと息入れて、2週間ほど放牧させました。もともと状態の変動が少ない馬で、今回も変わりなく、良い状態で出走できると思います」

(最終追い切りについて)
「ウッドチップコースで、前の誘導馬を見ながら、直線で内に併せました。ジョッキーもその反応を確かめて、良い状態を確認してくれたようです。
 調教自体は、いつもそれほど動かないのですが、状態は引き続き良いです。広い東京コースで見直せるのではないでしょうか」

(初めての東京コース・マイルについて)
「最近は出遅れることもありますが、それも含めて、まくって行ったり、本来の先行力を生かしたり、競馬の幅は広がっています。初めてのコースは対応できるのではないでしょうか」

(鞍上はリサ・オールプレス騎手)
「結構しっかりと乗ってくれるジョッキーですので、合うと思っています」

(今回のレースに向けて)
「ここ数戦、出負けすることが多くなっていますが、体の大きな馬で、スタートダッシュが上手くないのかもしれません。スタートは当てにならないですが、出負けしたとしても、自分で動くことができる馬ですから、挽回できる力はあるでしょう。
 東京コースは長い直線で、切れ味勝負になると、少し部が悪いとは思います。力がいる馬場になって、スタミナ勝負に持ち込めれば良いですね。
 3歳の中では、まだまだ力上位の馬だと思っていますので、広い東京コースで頑張ってもらえると思っています」

(取材:米田元気)