【ユニコーンS】美浦レポート~マイネルサクセサー [News]
2015/06/17(水) 15:42
 21日(日)に東京競馬場で行われる第20回ユニコーンステークス(GIII)に登録をしているマイネルサクセサー(牡3、美浦・畠山吉宏厩舎)について、追い切り後の畠山吉宏調教師のコメントは以下の通り。

(初ダート戦に向かうきっかけは?)
「以前からダート戦での出走プランはありました。血統的な背景などもダート色が強く出ていて、調教でもダートでの走りは良い部分があるので、今回ユニコーンステークスを使うことになりました。
 以前はダートでの追い切りも駆けていて、その走りはすごく力強い走りをしていました。どのタイミングになるかは分かりませんでしたが、ダートは試してみたいと思っていたのです。
 父ブライアンズタイム、母系にジェイドロバリーがかかっていますので、ダートでの適性は十分にあると思います」

(前走から中2週、その間の調整について)
「レースはコンスタントに続いているので、状態をキープできればという感じの調整です。先週1本、今日もウッドチップコースで追い切っています」

(最終追い切りについて)
「体はほぼ出来上がっているので、微調整という感じです。ほぼ馬なりで流しています。相変わらず力強い走りをしているので、良い意味で状態はキープできていると思います。前走の結果はあまり良くないのですが、ダートに替わってこの馬の良さが出てくれればなとは思っています」

(東京コースについて)
「右回り、左回りは関係なく、調教に関しては手前の関係もないので、問題ありません」

(初のマイルについて)
「長いレースも使いましたが、前走はダッシュの加減でハナへ行けていますので、揉まれない位置で競馬ができればと思っています」

(この馬の長所は?)
「すごく一生懸命に走る馬です。攻め馬では、ダートで良い結果が出てくれればと思わせてくれる走りをしています。
ダート初挑戦になりますが、良い結果が出るように厩舎も期待しています。応
援よろしくお願いします」

(取材:米田元気)