【フローラS】美浦レポート~ディアマイダーリン [News]
2015/04/22(水) 14:52
 26日(日)に東京競馬場で行われる第50回フローラステークス(オークストライアル・GII)に登録をしているディアマイダーリン(牝3、美浦・菊沢隆徳厩舎)について、追い切り後の菊沢隆徳調教師のコメントは以下の通り。

(前走のフラワーカップ3着を振り返って)
「久々の競馬で、気負いなどいろいろありました。競馬は、勝ち馬に有利な展開の中、よくあそこまで押し上げてくれたなと思います。力は示せたのではないでしょうか」

(前走後の調整について)
「まずは前走の疲れを回復させることに重点を置きました。あとは馬の様子に合わせ、フローラステークスに照準を合わせて調教をしてまいりました」

(1週前調教はウッドチップコースで単走)
「長めから、しっかり最後まで負荷をかけて調教しました。単走の分、動きは少しもたついた部分はあったのですが、上がりの息遣いなどはとても良かったです」

(最終追い切りについて)
「先週の調教の状態を考えて、また今週の競馬に向けて、ある程度ジワッと気合いを乗せたいために、坂路で調教しました。横で見ていましたが、しっかりと走って、手応えは良かったです」

(使った上積みや成長した点は?)
「暖かくなって、体にメリハリがついてきました。前走とは違って、今回に向けて気持ちが競馬を分かってきたのかなというような様子が伺えます。場所(競馬場)も変わるので、良いパフォーマンスができれば良いと思います」

(今回のレースについて)
「距離が延びることと、広く直線が長いコースというのが、この馬には向いていると思っています。(東京で2勝している)その相性の良さが、また今回も出てくれば良いですね。少し大型の牝馬で、不器用なところもあります。そういった意味で、小回りコースより、広いコースの方が力を発揮できるのではないでしょうか。東京の2000mの芝で、トリッキーなスタート地点なものですから、枠順などが出てからジョッキーが考えてくれると思います。持久力が豊富なところがこの馬の良さです。オーナーをはじめ、牧場関係者もみんな期待しています。何とか春の大きな舞台に出られるように頑張ってほしいです」

(取材:米田元気)