【福島牝馬S】美浦レポート~パワースポット [News]
2015/04/22(水) 14:48
 25日(土)に福島競馬場で行われる第12回福島牝馬ステークス(GIII)に登録をしているパワースポット(牝7、美浦・菊沢隆徳厩舎)について、追い切り後の菊沢隆徳調教師のコメントは以下の通り。

(前走の中山牝馬S3着を振り返って)
「外枠でしたが、最後で外に張られてロスがありました。しかし、最後まで脚を使って、3着まで頑張ってくれたと思います」

(最近の重賞での安定ぶりについて)
「自分の形というのがだいたい決まっていますので、あとは展開次第です。牝馬同士なら力の差はそれほどないなとは思っています」

(前走後の調整について)
「順調です。この馬は7歳でキャリアも豊富なので、我々もノウハウはあります。暖かくなりながら、馬も良くなっています。この馬は毎回そうなのですが、直前はソフトな調教にしています。しっかりと走って、良い雰囲気でした」

(福島のコースについて)
「流れや馬場状態などいろいろあって、(福島で)2着に来た時もありますが、あまり気にしてはいません」

(去年5月以来の横山典弘騎手とのコンビについて)
「横山騎手には、この馬がデビューからいろいろ教えてもらっていました。この馬もあと何戦走れるか分からないので、やはり育ての親に跨ってもらおうと思っています」

(今回のレースについて)
「スタート次第ですが、まず先行はしないと思います。流れ次第で追い込みも利きますし、馬群での捌き方はジョッキーにお任せします。良い状態で出せるので、何とか良い結果をもたらしてあげたいです。またそれによって賞金加算ができれば、得意な東京の1600m(ヴィクトリアマイル)に出してあげたいと思っています」

(取材:米田元気)