【オーシャンS】美浦レポート~ベステゲシェンク [News]
2015/03/04(水) 16:21
 7日(土)に中山競馬場で行われる第10回オーシャンステークス(GIII)に登録をしているベステゲシェンク(牡5、美浦・古賀慎明厩舎)について、追い切り後の古賀慎明調教師のコメントは以下の通り。

(前走のシルクロードS4着を振り返って)
「オープンになって、しかも初めての重賞挑戦で、距離も1200mに変わってから2戦目ということで、いろいろなハードルがありました。頑張ってくれたと思いますし、3~4コーナーで少しきついところがあったのですが、それにもかかわらず、終い良い脚を伸ばして、良い競馬をしてくれました。スプリント戦でのメドが十分立つ内容でした」

(前走後の調整について)
「疲れを取ってあげてから、目標はここと決めていましたので、いつも通りの調整で来ています」

(最終追い切りについて)
「ウッドチップコースで5ハロンから3頭併せの一番後ろから追走しました。今日は雨で渋っていた馬場でしたが、その割には良い時計で、終いまでしっかり動けていたと思います。良い併せ馬でした」

(1200m戦で変わった点は?)
「この馬はマイルを走っていまして、そこでも良い成績を出していたので、ずっとその路線を行っていました。姉も1200mで走っていたというところもあって、いつか試したいなと思い、なかなかそのタイミングがなかっただけです。ですから、走りが変わったというより、馬自体も男馬にしては小さめの体だったのですが、その体が逞しくなってきたのと、いろいろな歯車が噛み合って、ちょうどこのスプリント路線でうまく開花してきているのではないでしょうか」

(今回のレースについて)
「競馬自体は上手な馬ですし、確実に終いの脚を伸ばしてくれます。前走がまさにそうでした。そういう形であれば良いですね。今日の追い切りも、(初コンビの柴山騎手に)手綱を取ってもらったのですが、特に癖のある馬ではないですから、心配していませんし、本人も良い感触で乗ってもらえたと思います。毎回競馬を見てからということになるのですが、今後もスプリント路線で行ければと思っています。ここに来て馬もずいぶん成長していますので、さらなる成長を中山で見せられればと思っております」

(取材:米田元気)