【ホープフルS】美浦レポート~ブラックホール [News]
2019/12/25(水) 16:00
12月28日(土)に中山競馬場で行われる第36回ホープフルステークス(GI)に出走予定のブラックホール(牡2、美浦・相沢厩舎)について、追い切り後の相沢郁調教師のコメントは以下の通り。

(今朝の追い切りの内容は?)
「ウッドコースを2頭併せで追い切りました。相手も準オープンの馬で走る馬なので、かなり負荷もかかったと思います」

(最後は半馬身くらい遅れを取りましたが)
「時計は速いですから、遅れを取った分は心配ないと思います」

(動きは?)
「全身を使い前脚も伸びて、独特な走り方をする馬なんですが良い動きでした。もう仕上がっていますし問題ないと思います」

(札幌2歳Sを使った後は?)
「重賞を勝ったのでローテーションは自由に決められますから。小さい馬ですし、あえて途中使わないで、ここに合わせてきました」

(ここまでの調整は?)
「ここまで順調にきました。小さい馬で仕上がり易いので順調にきたと思います」

(この馬のセールスポイントは?)
「闘争心があって心肺機能も高いと思います」

(今後の体の成長は?)
「お爺さんがステイゴールドでお母さんも小さかったので、ステイゴールドが出ているような気がします。そんなに体は大きくならないと思います」

(今回はメンバーが強くなりますが)
「そうですね。でも、重賞も勝っていますし、引けは取らないと思います。ここで、良い競馬が出来ればダービーに繋がっていくと思うので楽しみにしています」

(取材:木和田篤)