【ホープフルS】美浦レポート~ガロアクリーク [News]
2019/12/25(水) 15:36
12月28日(土)に中山競馬場で行われる第36回ホープフルステークス(GI)に出走予定のガロアクリーク(牡2、美浦・上原厩舎)について、追い切り後の野中悠太郎騎手のコメントは以下の通り。

(デビュー戦を振り返って)
「調教に跨って馬の良さも感じていましたし、2000メートルでペースが遅い中でもキッチリと我慢して、最後もしっかりと脚を使ってくれたので、新馬戦としては良い内容だったと思います」

(スタートはもう一つでしたが)
「練習の時からそんなに速かった訳ではなかったので、多少遅くなるのはわかっていました」

(最後の伸びは良かったと思いますが)
「本当はもう少し我慢して4コーナーを周ってきたかったのですが、ペースが遅くて動いてくる馬もいたので、少し外に自分から動いていって、という内容だったので、力はあるなと感じました」

(今朝の坂路での追い切りは、どんな内容でしたか?)
「後ろから馬を追いかけて、あとは残り2ハロンで自分の感覚で反応を見てくれ、という指示でした。後ろを追走している時は、リラックスして走っていましたし、併走になってからもしっかりとギアを変えて、反応も良かったと思います」

(デビュー戦に騎乗して、この馬の長所は?)
「スタートで少し立ち遅れても、そこから出していって、あのペースでもしっかりと折り合っていましたし、操縦性という面ではこの馬の武器なのかなと思います」

(逆に短所はスタートですか?)
「キンシャサノキセキ産駒としては、体がゆったりとしているので、どうしてもテンの行き脚があまりつかないのですが、中山の2000メートルは距離もあるので、操縦性を活かして上手くポジションが取れればと思っています」

(野中騎手にとっては、初めてのGIになりますが)
「新馬を勝った馬で、引き続きチャンスを頂けるという事で、オーナーさんや上原調教師、厩舎スタッフの方々の期待に応えられるように頑張りたいと思います」

(中山の芝2000メートルのポイントは?)
「小回りという事も含めて、立ち回りは重要になってくると思うので、その点は枠だったりメンバーが決まってから調教師と相談して決めたいなと思っています」

(取材:木和田篤)