【ホープフルS】栗東レポート〜ラインベック [News]
2019/12/25(水) 14:46
12月28日(土)に中山競馬場で行われる第36回ホープフルステークス(GI)に登録しているラインベック(牡2、栗東・友道康夫厩舎)について、追い切り後の友道康夫調教師のコメントは以下の通り。

(前走の東京スポーツ杯2歳S3着を振り返って)
「馬自体は頑張って走っていたと思いますが、勝った馬が強すぎましたよね。
 あのような瞬発力勝負と言いますか、ヨーイドンの競馬になると厳しい面があるので、今回の中山の方がチャンスがあると思います。
 元々ゲートの出が良く、先行力があるので、あのような競馬になったのだと思います」

(調教過程を振り返って)
「元々すごく体力がある馬なので、うちの厩舎の中では一番調教量が豊富な馬です。体力はすごく自信があると思います。
 しっかりと負荷をかけて、今日は時計はそんなに出ていないのですが、今日も3頭で併せて、しっかり馬にやる気を持たせるという感じで乗りました。
 先週、今週と岩田ジョッキーが乗ったのですが、すごくジョッキーと相性が良いのか、先週も今週も良い動きだったと思います。
 2頭、2頭で行く予定が最後は4頭併せになってしまいましたが、馬の間に入ってもすごく良い動きだったと思います。
 先週も岩田ジョッキーがすごく良い馬だと言ってくれました。馬の具合は良いと思います」

(今回のレースに向けて)
「現状はコーナーが4つあるような競馬が合っている感じもしますし、ゲートの出も速いので先行力もあります。そういう面で中山の方が走りやすいのではないかと思って使うことになりました。
 よく考えたら今回が初めての右回りですが、調教の動きを見ていると右でも左でも関係ないと思います。
 体つきはそんなに変わりはありません。2歳の7月にデビューしてここまで半年ぐらい経ったのですが、精神的にもすごく大人になったような感じが見受けられます。
 調教量もすごく積んでいるので、体もしっかりしてきたと思います。
 血統だけを言えば、負けないぐらいの血統です。何とかここでリベンジして来年に期待が持てるようなレースをしてほしいです。
 長く良い脚を使えるのと、ゲートの出が速くて先行力があるので、それを生かして、何とか中山の2000mを克服してほしいです」

取材:米田元気