【ファンタジーS】栗東レポート〜レシステンシア [News]
2019/10/30(水) 15:37
11月2日(土)に京都競馬場で行われる第24回ファンタジーステークス(GIII)に登録しているレシステンシア(牝2、栗東・松下武士厩舎)について、追い切り後の内田浩一調教助手のコメントは以下の通り。

(新馬戦1着を振り返って)
「スタートが良かったですし、好位から競馬ができて抜け出せました。着差はそこまで求めていませんでしたが、結果を出せたということでまずは良かったです。
 すごく素直な馬なので、調教でも乗りやすいですし、いくらでもコントロールできます。
 もう少し離すかなと思いましたが、勝てたことに価値があるかなと思っています。
 水を含んだ馬場も経験できたこともあると思いますし、良馬場ではないというのも経験できたので良かったと思います。
 この馬の力がどんどん伝わってきたレースでした」

(前走後の調整について)
「競馬を使った後の体の疲れはなかったですし、テンションも抑えられて、フィジカルとメンタルのバランスがすごく良く保たれています」

(最終追い切りを振り返って)
「ずっと順調に乗ってきていて、新馬戦でだいぶ仕上げたので、強からずやり過ぎずというところです。
 坂路コースで新馬の時のような感じで、あまり強くなく疲れを残さずというところでした。
 たぶんこの馬はやれば時計が出る方なので、少し確認しただけです」

(今回のレースに向けて)
「特に不安はないと思います。まだ一戦しかしていないので、その辺がどう出るかですね。
 入厩当初からポテンシャルの高さは伝わっていました。
 体の芯がしっかりしていますし、いくらでも自在に乗れるので騎手からしたら安心して乗れるのではないでしょうか。
 頭数とか相手よりも自分との戦いではないでしょうか。
 馬ごみは全然どうもないですね。
 順調に来ているので、勝ってくれると嬉しいですが、胸を借りる方なので、あまり大きなことは言えないです。
 来た時から素晴らしい馬でした。
 私が跨らせてもらった中では、上の方のクラスです。
 一戦一戦が勝負ですね。内容というか、無事に走ってくれれば結果はついてくるのではないかと思っています」

(取材:米田元気)