【ファンタジーS】栗東レポート~ヤマカツマーメイド [News]
2019/10/30(水) 15:36
11月2日(土)に京都競馬場で行われる第24回ファンタジーステークス(GIII)に登録しているヤマカツマーメイド(牝2、栗東・池添兼雄厩舎)について、鞍上の池添謙一騎手のコメントは以下の通り。

(前走のりんどう賞1着を振り返って)
「ゲートを出て、少し立ち遅れる形にはなりましたが、すぐに良いポジションをキープできました。直線に向くまで折り合いもしっかりついて、リズム良く走ってくれていました。直線では囲まれていたので少し追い出しを待たされる形でしたが、最後はしっかり交わしてゴールしてくれたので、すごく良い内容だったのではないかと思います。
 抜け出すと、ソラを使うところがあるので、あまり早く抜け出すのは嫌だなと思っていたので、ちょうど良かったと思います」

(以前に乗った時との変化は?)
「使うごとに体が良くなってきていると思います。レースも覚えてくれています。2戦目は2着で負けているのですが、やはり抜け出すと物見をするというか、少し気を抜くところがあるので、前回はそれを頭に入れながらレースに乗りました。
 着差はそんなにないのですが、強い内容だったと思います」

(今回のレースに向けて)
「良い条件だと思います。
 瞬発力というか反応が早いところは、牝馬でもありますし、良いと思います。
 そこ(父ロードカナロア)の部分で(兄のヤマカツ)エースなどとはまた違った部分があるのかなと思います。
 徐々に距離を伸ばしていく形にはなると思いますが、今のところマイルまでは大丈夫なのかなと思ってはいます。
 ここを使って、暮れのGIに向かっていくと思うので、ここは大事なレースになってくると思います。良い結果を出していければ良いかなと思っています。
 この前ぐらい走ってくれれば十分にチャンスはあるのではないかと思っています」

(取材:米田元気)