【アルテミスS】美浦レポート~オータムレッド [News]
2019/10/23(水) 17:26
10月26日(土)に東京競馬場で行われるアルテミスステークス(GIII)に出走予定のオータムレッド(牝2、美浦・手塚貴久厩舎)について、追い切り後の手塚貴久調教師のコメントは以下の通り。

「デビュー戦は仕上がりも良かったし、1200メートルには対応できるだろうと思っていました。思ったよりスタートが遅くて、折り合いを欠くところもありましたが、よく差し切ったな、というところですね。相手も函館2歳ステークスを勝った馬なので、骨っぽい相手に勝ち切れたのは良かったと思います」
「クローバー賞は、デビュー戦を終わった後に距離を延ばしたい、という希望があったので出走しようということになりました。こちらが思った通りの内容で勝ってくれたので、この2戦は文句をつけようがないと思います」
「もともと仕上がりが早いので、本数自体は多くないですけど、しっかり動けていますし、先週と今週はレースで乗ってもらう石橋脩騎手に、2週続けて乗ってもらったんですけど、すごくいい感触だったので、力は出せるかな、と思います。先週の併せ馬でしっかり出来ているので、今週は単走追いにしました。身体が大きくないので、それほど体重を減らしたくない、という思いがあったので、馬なりという形だったんですが、アクションとか最後の伸びは良かったと思います」
「状態は前走と同じくらいで出せるかな、と思います。いい感じだと思います」
「(東京のマイルは)底力が必要なので、ここを試す、というのは、この子がどれくらいやれるか試金石になると思います」
「洋芝で2連勝しましたが、そういうタイプではないと思っていますので、軽い芝への対応はできると思っています」
「2戦ともスピードの違いで勝った感じではなく、センスの良さを感じさせる内容でしたから、どんな展開でもうまく立ち回ってレースをしてくれればいいかな、と思います」
「頭数は少ないですが、ここ2戦と比べるとメンバーはだいぶ強化されてきています。その辺りはどれくらいやれるか、楽しみにしたいな、と思います」
「ワールドエースの子で、2戦2勝で、ファンの方にもなじみのある血統なので、ここでいい競馬ができれば、先々も楽しめるかな、と思います。種牡馬としてのワールドエースの価値を上げるためにも頑張ってほしいな、と思います」

(取材:山本直)