【セントウルS】栗東レポート~アンヴァル [News]
2019/09/04(水) 12:10
9月8日(日)に阪神競馬場で行われる第33回セントウルステークス(GII)に登録しているアンヴァル(牝4、栗東・藤岡健一厩舎)について、追い切り後の藤岡健一調教師のコメントは以下の通り。

(前走の北九州記念3着を振り返って)
「最近、前半でモタモタするようなところがあって、直線に向いてエンジンがかかったところで、少し前が詰まってしまいました。切り替えた分、届かなかったのですが、もったいない競馬だったかなと思います」

(前走後の調整について)
「夏場の暑い時期に結構タフな競馬をしているのですが、元々、結構夏は強いですし、元気一杯です。その点も考えてここに決めました」

(最終追い切りを振り返って)
「使ってきていますし、間隔も詰まっているので、とりあえずは上がり重点で、終いだけはしっかりやるようにと指示はしました。
 坂路の状態が結構良くて、全体的に時計も出て速かったですし、終いは11秒台なので、動きは非常に良かったと思います」

(変化を感じるところは?)
「成長してきているというか、体重もどんどん増えていますし、筋肉量も増えているので、良い感じで成長はしているかなと思います。
 ここ最近は終いですごく良い脚を使えるようになっているので、短距離戦ですが、切れる脚があるというのが今一番の強みかなと思います」

(今回のレースに向けて)
「距離に関しては1200mがベストだと思っています。コースですが、阪神は最後に坂があるので、今の脚質なら一番向いているのではないかと思っています。
 馬場が良いので、前が止まらない展開になると辛いなと思いますが、速く流れてくれるはずなので、その辺は競馬に行ってみないと何とも言えないです。
 なかなか勝てないレースが続いていて、ファンの皆さんにも申し訳ない気持ちなのですが、何とかここで一つ勝って、次へステップを上げていきたいと思います。応援よろしくお願いします」

(取材:米田元気)