【ユニコーンS】美浦レポート~ヴァイトブリック [News]
2019/06/12(水) 15:52
 16日(日)に東京競馬場で行われるユニコーンステークス(GIII)に出走予定のヴァイトブリック(牡3)について、管理する和田正一郎調教師の調教後のコメントは以下の通り。

「(前走は)ゲートのタイミングが合わなくて、思ったより後ろからの競馬になって、勝ったクリソベリルを追いかける形になってしまいました。着差は離れてしまいましたが、よく追い上げて頑張って走っていたと思います。中間はノーザンファーム天栄で調整してから、こちらへ戻ってきました。順調に来ていると思います。
(先週は)土曜日に時計を出しました。坂路でしたが、伸ばしてからよく走れていたと思います。
(今日は)ウッドチップコースで前に2頭を先行させて後ろから併せに行きました。しっかり動かしておきたいと思っていて少し追いかける形でしたが、直線でしっかり動けたと思います。前走もいい感じだと思いましたが、変わりなく来ていると思います。
京都、中山、園田と走っていますが、どのコースでも卒なく競馬ができていますので、どこの競馬場でも力を出してくれるのではないかと、そのように考えています。強い馬も揃っていると思いますが、ヴァイトブリックもいい競馬ができるのではと考えています。応援よろしくお願いします」

(取材:山本直)