【マーメイドS】栗東レポート~レイホーロマンス [News]
2018/06/06(水) 16:59
6月10日(日)に阪神競馬場で行われる第23回マーメイドステークス(GIII)に登録しているレイホーロマンス(牝5、栗東・橋田満厩舎)について、追い切り後の橋田満調教師のコメントは以下の通り。

(前走の福島牝馬S5着を振り返って)
「良い位置に付けていたのですが、4コーナーで少し後ろになった時になかなか前がゴチャついていて出られませんでした。相当きつい競馬になりました。
 状態は良く、期待していたのですが...」

(前走後の調整について)
「ここを目標にしましたから、順調に来ています。期間も十分にありましたので、予定通りに来ています」

(調教過程を振り返って)
「先週は古馬と併せて、終いだけ伸ばしました。非常に良い動きでした。
 先週も長めの追い切りをやっていますので、今週は馬なりで、予定通りです。
 重い馬場でもしっかり動いていたと思います」

(今回のレースに向けて)
「坂はこなしていますし、少しでも直線が長くなる方が良いように思います。向いていると思います。
 距離は1800mより2000mの方が良いと思います。
 少し(馬場が)渋るぐらいはこなすと思います。
 前走より軽くなりますので、今のところハンデ戦は有利に働いていると思います。
 馬体重は変わらないのですが、すごく身が詰まってしっかりしてきたように思います。
 非常に小柄な馬なのですが、体幹がすごくしっかりしていて、良い気性をしています。それらがカバーしていると思います。
 奥手の血統で成長が遅いもので、レイホーロマンスはここに来て成長してきています。ここが良い所だと思います。
 ここ何走かはスムーズに流れなかったレースが多かったですので、スムーズに流れてほしいです。
 小柄な馬ですが、毎回非常に頑張って走ります。ご声援をしていただけたらありがたいと思います」

(取材:米田元気)