【府中牝馬S】美浦レポート~スイートサルサ [News]
2014/10/15(水) 17:15
18日(土)東京競馬場で行われる府中牝馬ステークス(GII)に出走予定のスイートサルサ(牝4 美浦・菊川正達厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

●スイートサルサについて菊川正達調教師

「前走はスタートで大きく出遅れたのが全てです。あの出遅れでは仕方ないですね。前走後はここを目標に、在厩して順調に調整してこられました。

ここを目標に乗り込んでいて、1週前(先週)にしっかり調教しました。馬も臨戦態勢になっていますので、今週の最終追い切りは息を整える程度。予定通りの調教でした。状態はすごくいいですよ。いい状態でレースに向かえると思います。

(去年のこのレース3着だが?)そうですね、去年は行く馬がおらずスローの流れで特殊なレースになりましたが、それでも前々でしぶとく頑張ってくれました。そこから1年、精神面での成長が大きいです。もともとテンションが高めの馬なのですが、だいぶオンとオフがつけられるようになり、大人になってきたなと感じます。

(レースへ向けてのポイントは?)まずはゲートが全てです。うまく出られればそれなりの位置も取れますし。休み明けで八ヶ岳特別を勝った時に正攻法の競馬も出来ましたし、流れによって自在にレースができると思います。去年以上を目指したいですね」

(取材:小塚歩)