【セントウルS】栗東レポート~メラグラーナ [News]
2017/09/06(水) 12:24
◎9月10日(日)に阪神競馬場で行われる第31回セントウルステークス(GII)に登録しているメラグラーナ(牝5、栗東・池添学厩舎)について、追い切り後の池添学調教師のコメントは以下の通り。

・(前走のCBC賞10着を振り返って)
「前日までそれほど馬場が荒れていなかったので、多少降っても大丈夫だと思っていました。しかし、こちらが思っているよりも直前に結構降っていました。やはりレース後、馬を見てもキックバックを受けて顔が泥だらけになっていたので、その辺も影響したのかなと思います。競馬自体それほどしっかり走り切っていなかったので、特に目に見えてのダメージはありませんでしたが、夏場の暑い時期に続けて使うのもあまりこの馬には良くないので、とりあえず一回リフレッシュさせました」

・(放牧から戻ってきた時の様子は?)
「良い状態で帰ってきました。帰ってきて1週間様子を見ながら調整していましたが、思ったより馬がしっかりしてきて、飼い葉食いも安定してきたので、いつもよりも少しずつピッチを上げて調整してきました」

・(最終追い切りを振り返って)
「最後物足りなくても肩ムチを入れる程度にしてほしいとは言っていましたが、やはり2ハロン目から馬が唸るように弾んで走っていました。騎手は"特に何もしていなかった"と言っていました。相変わらず坂路の動きは素晴らしいと思います。先週は3頭併せでしっかり追い切っているので、若干気負っているかなとは思っていましたが、今回はそういう目的で調整してきたので、予定通りかなと思います。普段は落ち着いていて、扱いやすい馬なので、その辺は今までと変わりないです」

・(普段の馬の様子は?)
「3歳の頃はあまり安定していませんでしたが、4歳、5歳となってしっかりと精神面の成長を感じます。特にその辺の不安はありません。前走、前々走と、一応その辺(体重が減ること)を考慮して調整してきましたが、レース当日は少し立派に見えていたので、今回はあまり意識せずに調整してきています」

・(今回のレースに向けて)
「極端に馬場が悪くならなければ良いとは思います。この馬の場合はまだ馬場状態でこのような着順になっているのか、包まれた展開で馬が止めてしまっているのかというのは、もう一つ掴めていません。今回は良い馬場で走れると思うので、それで分かると思います。
馬場が悪い時に限って、この馬にしてほしいレースができていなかったので、はっきりとした敗因はまだ分からないです。馬の状態は毎回良いとは思っています。昨年の京阪杯の時は完全に馬場で馬が嫌気を差していたので、その影響があったかと思います。前々走の高松宮記念の敗因は自分の中では分かりません。精神的に少し弱い所がある馬なので、その辺も影響しているのかとは思います。特に相手は気にせず、この馬の競馬をするだけです。気分良く走ってくれれば、結果よりも自分の競馬をして負けたら仕方がないと思っています。メラグラーナは秋初戦で、次に大きいレースを控えているので、そこに繋がるような競馬をしてほしいと思っています。応援よろしくお願いします」

(取材:米田元気)