【京都大賞典】(京都)~人気のキタサンブラックが2番手から押し切り重賞5勝目 [News]
2016/10/10(月) 16:56
京都11Rの京都大賞典(3歳以上GII・芝2400m)は1番人気キタサンブラック(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分25秒5(良)。クビ差の2着に6番人気アドマイヤデウス、さらに3/4馬身差の3着に2番人気ラブリーデイが入った。

キタサンブラックは栗東・清水久詞厩舎の4歳牡馬で、父ブラックタイド、母シュガーハート(母の父サクラバクシンオー)。通算成績は12戦7勝。

~レース後のコメント~
1着 キタサンブラック(武豊騎手)
「ほっとしています。この馬らしい勝ち方でした。行く馬がいなければ行こうと思っていましたが、行きそうな馬がいたので2番手に控えました。ムキになることなくいい感じでしたし、乗っていて状態の良さを感じました。馬場も良かったですし、気持ちが良かったです。追い出してから切れるタイプではありませんが、後ろから馬が来たら来たで伸びてくれます。着差はあまりありませんでしたが、完勝でした。春の天皇賞馬として負けられない一戦でした。これからあと2戦ありますが、大きな舞台なので頑張りたいです。(オーナーには)誕生日プレゼントをと思っていたので、勝てて良かったです」

2着 アドマイヤデウス(橋田満調教師)
「馬の状態がとても良くて、頑張ってくれましたが、ペースが遅く、強い馬が楽な競馬をしていました。」

3着 ラブリーデイ(C.ルメール騎手)
「勝った馬の後ろにつけて完璧だと思っていました。ラスト250mぐらいで前が開いて、よく走ってくれました。しかし、距離が少し長いのでしょうか、ラスト50mで伸びませんでした。休み明けにしてはいい感じで乗りやすかったです。いいトライアルレースでした。天皇賞も楽しみです」

4着 サウンズオブアース(M.デムーロ騎手)
「久し振りでしたからね。最後はすごくいい脚を使ってくれました。よく頑張ってくれました」

5着 ヒットザターゲット(小牧太騎手)
「いい手応えで回ってこられました。このぐらいの距離は合っています。まだまだやれるでしょう」

6着 アクションスター(北村友一騎手)
「頑張りました。状態は変わりありませんが、揉まれた競馬をしてきた結果、メンタルが強くなりました」

7着 ラストインパクト(川田将雅騎手)
「4コーナーまで非常にスムーズに競馬が出来ました。直線では伸びてくれる雰囲気があったのですが......」

8着 ヤマカツライデン(池添謙一騎手)
「自分のレースをしましたが、一線級の相手ですからレベルが高かったです。このメンバーとのレースを経験に今後へ生きてくればいいですね。これからの馬です」

10着 タマモベストプレイ(藤岡康太騎手)
「ポジションを取りに行くつもりで出して行ったのですが、(あの形では持ち味が)生きないですね」