【テレビ静岡賞】(東京)~ラストダンサーが2番手から抜けて3馬身差V [News]
2016/10/09(日) 15:59
東京10Rのテレビ静岡賞(3歳以上1600万下、ダート1400m)は8番人気ラストダンサー(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒2(不良)。3馬身差2着に3番人気プレスティージオ、さらに3/4馬身差で3着に7番人気ブラインドサイドが入った。

ラストダンサーは美浦・久保田貴士厩舎の5歳牡馬で、父キングカメハメハ、母ワルツダンサー(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は16戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ラストダンサー(田辺騎手)
「いつになくスタートが良くて、気分良く好位につけられました。ちょうどいいペースで止まることなく走ってくれました。速い馬場への適性は分かりませんが、今日はスタートが良かったことに尽きます」

2着 プレスティージオ(幸騎手)
「外枠から外々を回ってきましたが、力を出しています。休み明けを考えても頑張ってくれています」

3着 ブラインドサイド(吉田隼騎手)
「1200mよりはまだいいですが、ハミを取って行きません。押すと掛かる面はありますが、軽く促して行きました。前が残る中でよく食い込んでくれました」

4着 サウススターマン(川田騎手)
「スムースに出来ました。脚抜きのいい馬場で時計が速くなった中、頑張ってくれました」