【日本テレビ盃】(船橋)~アウォーディーが追い比べを制す [News]
2016/09/28(水) 20:50
第63回日本テレビ盃(JpnII、ダート1800m)が28日、船橋競馬場(曇、重)で行われ、1番人気に推された武豊騎手騎乗のアウォーディー(JRA)が3番人気のモーニン(JRA)との追い比べをアタマ差制した。アウォーディーはこれでダート路線に転向してから無傷の5連勝、昨年10月のシリウスステークス(阪神、GIII)から続く重賞の連勝を4に伸ばした。

レースはダッシュがついたモーニンが逃げ、アウォーディーが直後の2番手につける展開。タイムズアロー(船橋)、アンコイルド(船橋)、スリータイタン(JRA)が好位を追走。中団に2番人気のサウンドトゥルー(JRA)、ハッピースプリント(大井)などがつけた。
4コーナーを前にモーニンとアウォーディーが後続を離し、ゴールの直前までどちらも譲らず追い比べが続いた。最後は外からアウォーディーがアタマ差抜け出て、1分52秒0のタイムで優勝した。5馬身差の3着にはサウンドトゥルー、3馬身差の4着にスリータイタンが入ってJRA勢が上位を独占した。地方馬最先着はタイムズアローの5着だった。

アウォーディーは父ジャングルポケット、母へヴンリーロマンスの6歳牡馬、鹿毛。JRA栗東の松永幹夫厩舎所属。ダートに路線を変えた昨年9月のオークランドレーシングクラブトロフィー(阪神、1600万円以下)から5連勝。重賞は昨年10月のシリウスステークス(阪神、GIII)から4連勝を飾った。通算31戦9勝(中央29戦7勝)。アウォーディーはこの勝利で、11月3日に川崎競馬場で行われるJBCクラシック(JpnI)の優先出走権を獲得した。

~レース後のコメント~

1着 アウォーディー(武豊騎手)
「ホッとしました。5ヵ月半ぶりでしたが、コンディションは悪くなかったです。外めの枠からいい形でレースに向かえました。取りたいポジションを取れましたし、あとは追い出しを間違えないように乗りました。4コーナーで手応えも良かったですし、ほぼ勝てるのではと思いましたが、相手もGIホース、そして戸崎圭太騎手。しぶとかったですね。ダート転向後、まだ負けていませんし、適性の高さを感じます。JBCの権利を取れてホッとしましたし、左回りもスムーズ。次も楽しみだと思います」

1着 アウォーディー(松永幹夫調教師)
「人気していましたし、勝ててホッとしました。状態はすごく良かったです。ただ、相手が強いので、不安もありましたから、勝ててホッとしました。この馬は、どうしても気の悪い面があるので、最後は心配しましたけれども、とにかく勝ててよかったです。今日のように走るのをやめなければ、かなりやってくれると思います。ここで権利を取れましたし、JBCクラシックに向かいたいと思います」

2着 モーニン(戸崎圭太騎手)
「スピードのある馬ですし、行く馬もいませんでしたからね。休み明けはピリピリする面がありますし、距離がどうかとも思いましたが、負けはしましたけど、いい勝負ができました。距離は大丈夫だと思いますし、収穫ある一戦でした」

3着 サウンドトゥルー(大野拓弥騎手)
「流れが落ち着いてしまい、こういう結果になってしまいました。それでも上積みが見込めますから、次は楽しみです」

4着 スリータイタン(福永祐一騎手)
「4コーナーでもっと捌けていれば、3着はあったと思います。それでも、この強いメンバー相手に健闘しています」

(取材:中野雷太)