橋口弘次郎元調教師、顕彰者に [News]
2016/09/12(月) 11:56
 JRAは12日、今年2月をもって調教師を引退した橋口弘次郎氏を顕彰者に選定したことを発表した。
 橋口氏は中央競馬の調教師として歴代16位となる通算991勝を挙げたほか、1990年には年間最多勝利を記録。優秀調教師賞を11回受賞するなど年度表彰でも優れた実績を残したほか、管理馬がGI通算11勝をあげるなど、中央競馬の発展に多大な貢献があったとして、顕彰者に選ばれることになった。
 橋口氏のコメント「このような賞をいただけるとは思っていなかったので驚いています。今まで、無我夢中でやってきたことが、このような光栄な賞をいただけることになり、本当に嬉しく思っています。これも理解ある馬主さんはじめ多くの競馬ファンの皆様からの激励、そして、何と言っても厩舎スタッフの頑張りのおかげで、このような賞をいただけたものと感謝しています。橋口厩舎の代表として、この賞を受けさせていただきたいと思います」