【京成杯オータムH】(中山)~ロードクエストが新潟2歳S以来の勝利 [News]
2016/09/11(日) 16:50
中山11Rの京成杯オータムハンデ(3歳以上GIII・芝1600m)は1番人気ロードクエスト(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒0(良)。半馬身差の2着に6番人気カフェブリリアント、さらに1馬身1/4差の3着に2番人気ダノンプラチナが入った。

ロードクエストは美浦・小島茂之厩舎の3歳牡馬で、父マツリダゴッホ、母マツリダワルツ(母の父チーフベアハート)。通算成績は8戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ロードクエスト(池添謙一騎手)
「すごく落ち着いていて、いい形で返し馬が出来ました。気性面はすごく成長していました。いつもゲートは速くない馬ですから、今日も許容範囲内でした。スタートして、出していったので、若干ハミをかんだところはありますが、道中、うまく我慢出来ましたし、途中から自分で動いてねじ伏せるようなレースでしたし強かったです。春からコンビを組み、ここまで勝つことが出来ませんでしたが、今日勝ったことで一つ返すことが出来ました。マイルがいいと思いますし、このまま順調に行ってほしいと思います」

(小島茂之調教師)
「右回りでも結果が出て良かったですし、安心しました。これから競馬を重ねるごとに、もっと乗りやすい馬になると思います。池添騎手がマイルで行きましょうと言ってくれましたし、あれだけの騎手が言ってくれたのですから、今後はマイルでいいと思います。今日の時点ではハンデ差も生かして、うまくいったと思います。この後は、富士ステークスからマイルチャンピオンシップになると思います」

2着 カフェブリリアント(戸崎圭太騎手)
「厩舎が修正してくれて、楽に走っていました。リズムがよくて、間を割る脚もありました。惜しかったですが、いい内容でした」

3着 ダノンプラチナ(蛯名正義騎手)
「最後のところがもう一つです。悪くはなかったのですが、走りが小さいです。いい形で運べましたが、4コーナーで勝ち馬に比べて、手応えが良くありませんでした」

4着同着 ダイワリベラル(北村宏司騎手)
「ジッとしているしかありませんでした。最後までしっかり伸びていますが、悔しいです」

6着 トウショウドラフタ(吉田豊騎手)
「多少急仕上げなのか進んで行きませんでした。最後は脚を使いましたが、使ってさらに良くなりそうです」