【メイクデビュー】(阪神5R、6R)~シグルーン、ジョウショーホマレが勝利 [News]
2016/09/10(土) 14:06
阪神5Rのメイクデビュー阪神(芝1600m)は1番人気シグルーン(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分38秒5(良)。クビ差2着に2番人気カデナ、さらに1馬身1/2差で3着に4番人気シゲルハスキーが入った。

シグルーンは栗東・宮徹厩舎の2歳牝馬で、父アイルハヴアナザー、母ワルキューレ(母の父ステイゴールド)。

~レース後のコメント~
1着 シグルーン(M.デムーロ騎手)
「追い切りの時から良いと感じていました。真面目で競馬を分かっています。道中はいいポジションを取れました。4コーナーは他の馬がゴチャつくところがありましたが、こちらはスムースに問題なく一生懸命走ってくれました」

4着 リトルプリンス(小牧騎手)
「今日は出負けした分の負け。好位からレースが出来れば接戦になっていたと思います」

5着 ジェルファルレイ(藤岡康騎手)
「新馬らしからぬ感じで落ち着いて、というか落ち着きすぎて、自分からゲートを出て行く感じではありませんでした。今日は瞬発力勝負の中、よく伸びています。次走は気持ちが入ってくればいいですね」


阪神6Rのメイクデビュー阪神(牝馬限定、芝1400m)は8番人気ジョウショーホマレ(国分恭介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒9(良)。1馬身1/4差2着に1番人気デリスモア、さらに1/2馬身差で3着に2番人気イリスファルコンが入った。

ジョウショーホマレは栗東・西橋豊治厩舎の2歳牝馬で、父トーセンホマレボシ、母ジョウショークイン(母の父ディアブロ)。

~レース後のコメント~
1着 ジョウショーホマレ(国分恭騎手)
「調教では大トビでいいフットワークで走っていたので、その感じで行ければと思っていました。スタートは少し遅かったのですが、促して予定通り前に行きました。ハミも抜けていい感じでしっかり走れていました。これから徐々に良くなってくると思います」

(西橋豊治調教師)
「もうひと絞りあった方が、とも思いましたが、最後まで集中して頑張ってくれました。血統的には中距離くらいまではいけると思います。次走は未定です」