【2歳未勝利】(阪神1R、2R)~メイクグローリー、リスグラシューが勝利 [News]
2016/09/10(土) 13:52
阪神1Rの2歳未勝利戦(ダート1400m)は4番人気メイクグローリー(松若風馬騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分25秒5(良)。クビ差2着に1番人気バレーロ、さらに1馬身3/4差で3着に8番人気メイショウテンセイが入った。

メイクグローリーは栗東・西村真幸厩舎の2歳牡馬で、父フレンチデピュティ、母メイクマイバンドル(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は4戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 メイクグローリー(松若騎手)
「今回はダート替わりで、いいタイミングで乗せてもらいました。二の脚がつく馬で、いい位置で流れに乗ることが出来ました。最後は余裕のある感じでしたが、道中はフワフワする面がありました。でも力がありますね」

2着 バレーロ(M.デムーロ騎手)
「ゲートの中でうるさいところを見せて、後ろからになりました。トモがまだ緩いですね。ダートの走りはいいのですが、砂を被ると嫌がる面を見せました。この馬も頑張っていますが、前の馬が止まりませんでした」

3着 メイショウテンセイ(鮫島良騎手)
「前回は外枠、今回は内枠だったので、スピードを生かすレースをしました。ダートの走りは悪くないですね」


阪神2Rの2歳未勝利戦(芝1800m)は2番人気リスグラシュー(中谷雄太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒2(良)のレコード。4馬身差2着に8番人気ガンサリュート、さらに1馬身3/4差で3着に5番人気レッドクライムが入った。

リスグラシューは栗東・矢作芳人厩舎の2歳牝馬で、父ハーツクライ、母リリサイド(母の父American Post)。通算成績は2戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 リスグラシュー(中谷騎手)
「このくらいは走ると思ってはいましたが、思った以上のレースぶりで楽に勝ってくれました。前回はフワッとした感じでスタートを切ってそのままレースをしましたが、今回は折り合いに自信があったので、ある程度スタートで出して行きました。今日は勝つべくして勝ってくれました。まだ線の細いところがありますから、まだまだ良くなると思いますし、大きいところを狙える馬だと思います」