【小倉2歳S】(小倉)~人気のレーヌミノルが6馬身差をつけ重賞初制覇 [News]
2016/09/04(日) 17:16
小倉11Rの小倉2歳ステークス(2歳GIII・芝1200m)は1番人気レーヌミノル(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒0(良)。6馬身差の2着に10番人気ダイイチターミナル、さらに半馬身差の3着に4番人気カシノマストが入った。

レーヌミノルは栗東・本田優厩舎の2歳牝馬で、父ダイワメジャー、母ダイワエンジェル(母の父タイキシャトル)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 レーヌミノル(浜中俊騎手)
「強かったですね。力があるのは分かっていたので、信じて乗りました。早めに先頭に立ちましたが、それでも少し気合いをつける程度でした。これだけ精神的にどっしりとしている2歳の牝馬はなかなかいません。この先、この馬はかなり可能性があると思います。応援して下さい。僕自身としては、残念ながらこの夏のリーディングはとれませんでしたが、地元の小倉で1つ重賞を勝ちホッとしています」

2着 ダイイチターミナル(嘉藤貴行騎手)
「最初はググッと伸びていましたが、少し怖がっていたのか、内に逃げていました。直線では狭いところに入ってひるんでいました。窮屈なレースになりました。小柄な体でこの馬場をこなしたのですから能力のある証拠です。馬場が悪くなりすぎなかったのも良く、のめらずに走れました。しかし、勝った馬は強かったです」

3着 カシノマスト(川須栄彦騎手)
「内枠だったので、馬場が悪いのは仕方ないと思っていました。逃げるつもりはなく、馬のリズムに合わせての競馬をしました。勝ち馬が強かったです。ひるむことなく馬群を割ってこられましたし、厳しいローテーションの中、頑張ってくれました」

5着 シゲルベンガルトラ(藤岡康太騎手)
「スタートが上手で競馬も上手でした。しかし、勝負どころでスッと離されてしまい、最後は盛り返しているだけに、その辺が課題でしょうか。距離はもう少しあってもいいと思います」

6着 クインズサリナ(川田将雅騎手)
「向正面で他の馬にぶつけられて、進めなくなってしまいました。かわいそうな競馬になってしまいました」

7着 ドゥモワゼル(北村友一騎手)
「小柄な馬で、真面目で、一生懸命走ってくれます。しかし、向正面で行きっぷりが悪くなってしまいました。馬場が緩くてキックバックが飛んだのを気にして、気が抜けてしまいました。気性的には前向きなので、条件さえ噛み合えば通用してもいいと思います」

9着 オールポッシブル(松若風馬騎手)
「道中は外に逃げながらの追走でした。強い馬2頭も見ながらいい形でした。もっと走れる馬ですが、私が走らせ切れませんでした。馬はさらに良くなっています」

12着 ドリームアロー(藤岡佑介騎手)
「道中は外に張る所があったので、そこが改善されれば自己条件ならいい競馬ができるでしょう」