【新潟記念】(新潟)~横山典弘騎手騎乗のアデイインザライフが重賞初制覇 [News]
2016/09/04(日) 16:47
新潟11Rの新潟記念(3歳以上GIII・芝2000m)は2番人気アデイインザライフ(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分57秒5(良)。3/4馬身差の2着に1番人気アルバートドック、さらに半馬身差の3着に9番人気ロンギングダンサーが入った。

アデイインザライフは美浦・萩原清厩舎の5歳牡馬で、父ディープインパクト、母ラッシュライフ(母の父サクラバクシンオー)。通算成績は13戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 アデイインザライフ(横山典弘騎手)
「後ろからスーッと行って、最後どれだけ伸びるかという競馬をしました。器用なタイプではないので、エンジンをかけたら、その勢いで行きたかったのですが、何の不利もなく直線の長い新潟で馬のリズムを大事に乗りました。返し馬で暑くてどうかと思いましたが、よく我慢してくれました。馬を仕上げてくれたスタッフに感謝しています。まだヨタヨタしているところもあるので、このままいい状態で行ってくれたらと思います」

2着 アルバートドック(戸崎圭太騎手)
「左回りや小回りがどうかと思っていましたが、馬の具合が良くて道中の手応えも良く、しっかりと伸びてくれました。力をつけています」

3着 ロンギングダンサー(吉田豊騎手)
「道中の感じがとても良く。直線は外で出すことを決めていました。4コーナーで勝ち馬に自分の出したいところを取られたのが痛かったです」

4着 ベルーフ(田辺裕信騎手)
「思いのほか道中ついていけませんでしたが、急がせずにリズム重視でいきました。直線は思ったより外になりましたが、ズブさを出さずよく伸びてくれました」

5着 ルミナスウォリアー(柴山雄一騎手)
「道中はリズム良く行けましたし、この馬らしい走りをしてくれました。直線は自分の馬もそれほど内ではありませんが、他がさらに外から伸びていました。どこかでチャンスがあると思います」

6着 ファントムライト(内田博幸騎手)
「道中は中団で我慢させて、外に出せる位置にいましたが、他の馬があんなに外へ来るとは思いませんでした」

16着 ダコール(M.デムーロ騎手)
「馬が疲れていたのかもしれません」