【ひまわり賞】(小倉)~カシノマストが7馬身差をつけ逃げ切る [News]
2016/08/27(土) 15:27
小倉9Rのひまわり賞(2歳オープン・九州産馬限定・芝1200m)は1番人気カシノマスト(川須栄彦騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒1(良)。7馬身差の2着に3番人気テイエムヒッタマゲ、さらに1馬身3/4差の3着に2番人気テイエムソッキュウが入った。

カシノマストは美浦・蛯名利弘厩舎の2歳牡馬で、父キャプテントゥーレ、母レインボウスズラン(母の父スキャン)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 カシノマスト(川須栄彦騎手)
「強い相手と戦ってきましたから、九州産同士なら力が違うと思っていました。ですから自信を持って乗りましたが、本当に強かったです。来週の2歳Sに登録するそうなので楽しみです」

2着 テイエムヒッタマゲ(田中健騎手)
「今日はゲートも出てくれて楽に前へ行けましたが、勝ち馬は強かったです」

3着 テイエムソッキュウ(和田竜二騎手)
「前半はスムーズでしたが、3コーナーで置かれるところがありました。時計も速かったです」

4着 ヤエノセンリ(幸英明騎手)
「ゲートが速く、好位につけて競馬が出来ましたが、上位は強すぎました。この馬なりに良くなっています」