【レパードS】(新潟)~グレンツェントが差し切り重賞初制覇 [News]
2016/08/07(日) 17:13
新潟11Rのレパードステークス(3歳GIII・ダ1800m)は2番人気グレンツェント(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒6(良)。クビ差の2着に1番人気ケイティブレイブ、さらに2馬身差の3着に6番人気レガーロが入った。

グレンツェントは美浦・加藤征弘厩舎の3歳牡馬で、父ネオユニヴァース、母ボシンシェ(母の父Kingmambo)。通算成績は7戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 グレンツェント(戸崎圭太騎手)
「人気になっていましたし、勝てて嬉しいですね。初めて乗るのでスタートも手探りでしたが、うまく決めてくれてスムーズに運べました。末脚はすごいですし、自信を持って、逃げていた馬を捕らえられるような位置で運びました。直線は良い伸び脚でしたし、思った以上にスムーズな競馬をしてくれました。これだけの競馬が出来ましたし、先が楽しみです」

2着 ケイティブレイブ(武豊騎手)
「自分の競馬は出来ました。惜しかったですね」

3着 レガーロ(田辺裕信騎手)
「枠順が良くなかったです。真ん中くらいの枠だったら、もっとスムーズにやれたと思います。直線伸びていましたし、手応え以上に頑張ってくれます」

4着 ピットボス(内田博幸騎手)
「2~3番手からの競馬をイメージしていましたが、途中でついていけなくなりました。厳しかったです。もう少し、くっついていければよかったのですが」

5着 エネスク(丸田恭介騎手)
「前走からスタートは良くなっていましたし、今日も出てくれました。いい位置で運べ、直線も脚を使ってくれました」

7着 ネクストムーブ(M・デムーロ騎手)
「まだ馬が若いですね。ずっとフラフラしていました。初めて後ろからの競馬で、砂を被って嫌がっていました。すごく走るパワーのある馬ですから、これから良くなると思います」