【2歳未勝利】(小倉1R、2R)~テイエムミナンカゼ、サマーサプライズが勝利 [News]
2016/08/06(土) 14:09
小倉1Rの2歳未勝利戦(九州産馬限定、芝1200m)は1番人気テイエムミナンカゼ(高倉稜騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒1(良)。1馬身1/4差2着に2番人気テヲツナゴウ、さらに1馬身3/4差で3着に5番人気タリホーが入った。

テイエムミナンカゼは栗東・日吉正和厩舎の2歳牝馬で、父テイエムオペラオー、母ファストパス(母の父タイキシャトル)。通算成績は2戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 テイエムミナンカゼ(高倉騎手)
「連闘のせいか、馬に元気があまりなく、道中の行きっぷりもいま一つでした。それでもこの相手なら何とかなりそうでしたし、ハミを替えてコーナーリングもスムースでした。直線で前が止まった分もあり、キッチリ届いた形ですが、小柄な牝馬で連闘だったことを考えると、いいレースをしてくれたと思います」

2着 テヲツナゴウ(酒井騎手)
「内枠からスッと前へ行けました。前回のレースでは外にモタれていましたが、今日は気をつけていた分もあり、マシになっていました。2番手の馬には抜かせませんでしたし、勝ち馬にもしぶとく食い下がってくれました」

3着 タリホー(鮫島良太騎手)
「行ければ先頭に行きたかったですが、2番手からでもよく頑張ってくれました。連闘でも体重が増えて落ち着いていました。滞在してのレースというのも良かったのだと思います。そのうちこの馬にも順番が回ってきそうです」

4着 カツオブシ(国分恭騎手)
「この馬には1200mのレースは忙しい感じでした。1800mくらいの距離の方がこの馬には合っていそうです」


小倉2Rの2歳未勝利戦(芝1800m)は2番人気サマーサプライズ(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒2(良)。ハナ差2着に1番人気マイティドリーム、さらにクビ差で3着に3番人気ダノンオブザイヤーが入った。

サマーサプライズは栗東・宮本博厩舎の2歳牡馬で、父サマーバード、母サウンドアリュール(母の父マンハッタンカフェ)。通算成績は2戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 サマーサプライズ(浜中騎手)
「スタート良く出して行った後はマイペースで運べました。最後は差し返す勝負根性を見せてくれました」

3着 ダノンオブザイヤー(ホワイト騎手)
「まだ子供で、まっすぐに走らせることに集中しなければなりませんでした。直線もフラフラするところがありながらも伸びていたように、能力の高さは感じます」

4着 レッドクライム(川田騎手)
「前半はあまり進んで行きませんでした。前残りの流れの中、ラストはよく差を詰めています」