【アイビスSD】(新潟)~ベルカントが一騎打ちを制し連覇達成 [News]
2016/07/31(日) 17:12
新潟11Rのアイビスサマーダッシュ(3歳以上GIII・芝1000m)は1番人気ベルカント(M.デムーロ騎手騎手)が勝利した。勝ちタイムは54秒1(良)。アタマ差の2着に2番人気ネロ、さらに1馬身1/4差の3着に3番人気プリンセスムーンが入った。

ベルカントは栗東・角田晃一厩舎の5歳牝馬で、父サクラバクシンオー、母セレブラール(母の父ボストンハーバー)。通算成績は19戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 ベルカント(M.デムーロ騎手)
「同じ馬で連覇が出来てうれしいです。すごい脚色でした。前走で私は乗っていませんが、3着で頑張っていました。4番枠でいい枠順ではありませんでしたが、2番手くらいにつけることが出来ました。最後は危なかったのですが、イメージ通りのレースが出来ました。次走も頑張ります。この夏も新潟で騎乗します。応援よろしくお願いします」

(角田晃一調教師)
「内枠でしたが、状態はすごく良く、有り余るスピードがありますから、楽に勝てると思いましたが、接戦でハラハラしました。次は予定通り北九州記念です。ここもいい状態で出走させるだけです」

2着 ネロ(内田博幸騎手)
「理想的な形ではありましたが、最後に出られてしまいました。相手は持ったまま来ていましたし、強かったです」

3着 プリンセスムーン(北村友一騎手)
「ゲートは今までで一番うまく出て、流れには乗れましたが、1着馬と2着馬のペースになってしまいました。最後は上位2頭と同じ脚色になってしまいましたが、この馬も伸び続けていました」

4着 アットウィル(蛯名正義騎手)
「初めての直千競馬で、一瞬離されてしまいました。最後は詰めていますし、頑張っています」

5着 ローズミラクル(吉田隼人騎手)
「内枠で前に壁を作れない中、よく頑張ってくれました」

6着 アースソニック(石橋脩騎手)
「スタートを出たので、ポケットに入れればと思いましたが、左に行ってしまい入れませんでした。1着馬、2着馬の後ろを取れれば良かったのですが」