【七夕賞】(福島)~アルバートドックが重賞2勝目を挙げる [News]
2016/07/10(日) 17:15
福島11Rの七夕賞(3歳以上GIII・ハンデ・芝2000m)は3番人気アルバートドック(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒4(良)。半馬身差の2着に5番人気ダコール、さらに3馬身差の3着に11番人気オリオンザジャパンが入った。

アルバートドックは栗東・須貝尚介厩舎の4歳牡馬で、父ディープインパクト、母ゴールデンドックエー(母の父Unusual Heat)。通算成績は17戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 アルバートドック(戸崎圭太騎手)
「力のある馬だとは思っていましたが、位置取りが後ろになることがあったので、スタートを出ればいつもより前で競馬をしようと考えていました。最後は外からダコールが来ていましたが、この馬もリズム良くいい感じで走っていたので、踏ん張れると思っていました。2周連続で重賞を勝つことが出来てうれしいです」

2着 ダコール(小牧太騎手)
「能力的には十分足りているのですが。最後は中を割ってくるような競馬のほうがいいですね」

3着 オリオンザジャパン(内田博幸騎手)
「この馬としては良く頑張っています。上位2頭は強かったです」

4着 マイネルラクリマ(柴田大知騎手)
「できれば3着が欲しかったのですが、良く頑張っています。最近の中ではいい競馬が出来ましたし、復調の気配があります。やはり力のある馬です」

5着 クリールカイザー(田辺裕信騎手)
「この馬自身、切れ味勝負は良くないので、手応えのあるうちに、上がっていこうと思っていました。力はあります」

6着 マーティンボロ(鮫島克駿騎手)
「イメージ通り流れに乗れました。57キロで良く頑張っていると思います」

9着 シャイニープリンス(北村友一騎手)
「ダメでしたね。福島民報杯のときとは同じ良発表でも、馬場が全然違いました。この馬はいい馬場が合っていると思います」

10着 ヤマニンボワラクテ(藤懸貴志騎手)
「位置を取りにいき、離れた2番手は理想的でしたが、3コーナーから手応えがなくなってしまいました。もっと走れる馬ですし、次に期待します」