【メイクデビュー】(中京5R、6R)~ダンビュライト、フォーカードが勝利 [News]
2016/07/09(土) 14:34
中京5Rのメイクデビュー中京(芝1600m)は3番人気ダンビュライト(松若風馬騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分40秒7(不良)。5馬身差2着に7番人気キクノルア、さらに2馬身差で3着に4番人気サングレーザーが入った。

ダンビュライトは栗東・音無秀孝厩舎の2歳牡馬で、父ルーラーシップ、母タンザナイト(母の父サンデーサイレンス)。

~レース後のコメント~
1着 ダンビュライト(松若騎手)
「ブラックスピネルに似ています。ノメっていましたが、スピードダウンすることなく走れました。道中はフラフラしていましたが、しっかりと伸びてくれました。距離は持つと思います」

2着 キクノルア(藤岡康騎手)
「センスのいい馬です。馬場のいいところを選びながらのレースで、少し脚を取られました。タフな馬場で最後は苦しくなりました。勝った馬は内めで持ったままでしたからね」

3着 サングレーザー(武豊騎手)
「いい走りをしますが、良馬場で乗ってみたいです。いい馬ですよ」

7着 ワンフォーオール(福永騎手)
「初めてであの馬場では辛いです。返し馬の時にすでに脚を取られていましたし、今日は参考外です。芝のフットワーク自体は良かったです」

11着 ビッグディザイア(ルメール騎手)
「スピードがあまりありません。大きい馬なので、今日の馬場は全然ダメでした。距離は2000mくらいが良いかもしれません」


中京6Rのメイクデビュー中京(ダート1400m)は12番人気フォーカード(小牧太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分26秒3(不良)。ハナ差2着に2番人気クルークハイト、さらに2馬身差で3着に3番人気メイショウミズカゼが入った。

フォーカードは栗東・小崎憲厩舎の2歳牡馬で、父サマーバード、母キングズラヴ(母の父Kingmambo)。

~レース後のコメント~
1着 フォーカード(小牧騎手)
「展開も向きましたが、素直な馬で乗りやすいというのが今日の勝因だと思います。直線で内に入ってから、最後までまっすぐ伸びてくれました」

2着 クルークハイト(藤岡康騎手)
「好位につけて、砂を被っても我慢してくれました。3着馬を競り落とした時は勝ったと思いましたが、勝ち馬に内から捌かれてしまいました。力のある馬ですし、何とか決めたかったのですが...」

3着 メイショウミズカゼ(武豊騎手)
「いいスピードがあります。ベストの距離より1ハロン長いかなと思いましたが、すぐにチャンスがあると思います」

5着 ラバピエス(川田騎手)
「前半はついて行けましたが、3コーナーからは周りが速くてついて行けませんでした。それでも直線では動いてくれましたし、慣れてくれば良くなってくると思います」